2014年7月24日(木)

2014年7月度「オートビジネス経営研究会」が
船井総合研究所 淀屋橋セミナープレイスにて開催されました。

当日は、オートビジネス経営研究会
本会会員の経営者・経営陣の方々にお集まりいただきました。

▼オートビジネス経営研究会 本会
詳細情報はこちらをご覧ください。

オートビジネス経営研究会

第一講座は、「最近の事例より」と題しまして上席コンサルタントの中谷よりお話いたしました。

講座では、会員様の事例を豊富に盛り込んだ「上半期の動向と7月以降の対策」についてお伝えしました。

4月以降の状況を見るとやはり、集客そのものが前年比より10%~20%ほど落ち込んでいる会社様が多いようです。

今が非常時(前年と同じことをしても前年比マイナスになる状態)であることをもう一度意識する必要があります。

そのため、いくつか明日からできる具体的な施策をお伝えいたしました。

その中のひとつの取り組みとして、「成約率順接客」があります。

非常時でも店舗全体の成約率を安定させるための仕組みを構築することが重要になります。

オートビジネス経営研究会

第二講座「社員が辞めない会社づくり」と題しまして
シニア経営コンサルタントの藤木よりお話いたしました。

社員の辞めない会社の特徴として共通するのが、社内の活発なコミュニケーションです。

社員の皆様が同期や直近の先輩後輩に限らず、上司や幹部、社長とも話したり食事をしたりする機会があるでしょうか?

仕事面においても、目標達成度を一緒に確認したりイベントや研修の振り返りを行ったりしているでしょうか。

また、これらは突発的に開催されるのではなく、定例化されているのでしょうか。

コミュニケーションが活発な組織ほど、社員がやりがいと楽しみを持ち、
辞めにくい(=辞めたくない)働き甲斐のある会社へと成長していきます。

オートビジネス経営研究会

第三講座「最近の支援事例より」と題しまして上席コンサルタントの小平よりお話いたしました。

前半は台湾にある日系旅館の施策についてお伝えしました。

この旅館では日本のおもてなし精神をそのまま味わうことが出来ます。
文化の異なる国で同じクオリティを保つための様々な育成制度が整備されています。

その中のひとつとして、イラスト型マニュアルと言うものをご紹介しました。

車屋さんの中にも外国の方が入社してコミュニケーションに壁を感じている経営者の方も多いのではないでしょうか。
イラストならば言葉が全て通じずとも、心と行動を簡単に結びつけることが容易にできます。

ぜひ実践してみてください。

また、後半ではマクロの視点から捉えた、
今後の自動車専業店のあり方と人の活用についてもお伝えしました。

日本国内の人口が減少するのはどうしようもありません。

巨大な商圏人口を求めて無理やり大商圏に鞍替えするよりも、
地元の人・地域のお客様を大切にした商売がこれから栄えていくポイントのようです。

今のうちから、地域に無くてはならない「地域一番店」化に力を入れましょう。

昼食後は、「情報交換会」を実施しました。

情報交換会とは、弊社コンサルタントがファシリテーターを務め、
会員様同士が直近の業績や施策などを発表し合う時間です。

今回は4つのグループに分かれて情報交換を行った後、
最後に全体の場で情報の共有をしました。

値引き防止トーク、ブランドロイヤリティのアップ、
定期的なロープレによる指導者の成約率アップ、
車検単価アップ勉強会、次回車検予約90%の秘訣といった事例のお話で盛り上がりました。

非常に有意義な情報交換会となりました。

次回の例会は、経営戦略セミナー( 8月21日(木)・22日(金) 
於:新高輪プリンスホテル)と同日開催にて、8月22日(金)に丸の内本社で開催致します。
次回もご参加を心よりお待ちしております!

▼▼詳しくはこちら
オートビジネス経営研究会 本会

勉強会・セミナー開催レポート

>>勉強会・セミナー”実況中継” オートビジネス経営研究会 本会 一覧へ
>>勉強会・セミナー”実況中継” 一覧へ

 

お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ