合宿をやって年初から良いスタートダッシュをきろう!

中古車販売 整備工場 軽自動車 車検 経営コンサルタント 菊池正寛
 菊池 正寛

2013年11月18日

さて、今回のテーマは、「合宿をやって年始から良いスタートダッシュをきろう!」です。

2013年も残すところ1ヶ月半となりました。
この時期は、2014年の目標や計画を立てている会社さんも多いのではないでしょうか。

さて、立てた計画を全社員が行動に移し、
2014年年初から良いスタートダッシュをきるにはどうしたらよいでしょうか?

来年は4月に消費税が上がります。
特に販売に関しては、4月以降、購買意欲が一時的に落ちると予測されます。

そのため、1月から3月までの実績が、来年1年間の実績を左右することになります。
言い換えると、来年は良いスタートダッシュをきらなければ、
1年間の目標達成が難しくなるということです。

では、今何をやるべきでしょうか?

それは「合宿」が効果的です。

一般的に、合宿のメリットは以下のような点と言われています。

・ホテルなどの宿泊施設を利用することで、食事や宿泊の心配をせずに、ミーティングに没頭できること
・ミーティングに丸一日たっぷりと時間を使えること
・非日常の空間の中で気分を変えることで、よいアイディアが出やすいこと

このようなメリットをもとに、「社員が行動に移せるようになるための合宿」にするには
ポイントがあります。

それは「事前準備」と「当日のファシリテーション」です。

■事前準備について
事前準備は、特にマネージャー(店長など)の役割が重要となります。
マネージャーの役割は、会社全体の目標や計画を、部下一人ずつの目標と行動計画に落とし込むことです。

合宿当日に議論するのではなく、事前に打ち合わせを重ねることがキモです。
この事前打ち合わせの内容で、合宿の質が大きく変わることになります。

マネージャーは、時間を使い、部下とともに来期の行動計画について話し合います。
そして、部下の合宿資料の作成をサポートするのです。

■当日のファシリテーションについて
当日は、事前に作成した資料をもとに、各人が一人ずつ報告していきます。
しかし、たっぷり時間があるとはいえ、全ての議題を話すのではなく、
特にアドバイスが必要な議題に絞って話し合うことを意識します。

一人につき、1つか2つ程度となるはずです。
その1つか2つの議題について、たっぷり時間を使い全員で意見を出していきます。
そして、決まった内容は、スケジュールを決めて行動していくことになります。

まずは上記2点を意識して合宿を行ってください。
そうすることで、各人が自分の役割に明確に気づき、
ブレることなく行動に移せるようになるはずです。

結果として、2014年も年初から、会社全体で良いスタートダッシュをきれるようになるのではないでしょうか。

もし合宿をやり慣れていない会社さんがいれば、
まずはマネージャーのみで行うなど、少人数の合宿から試してみてはいかがでしょうか。

ぜひ、このタイミングで合宿を行い、来期も計画的に業績アップを狙ってください!

菊池正寛が主催する勉強会
経営トップが年収1000万払っても惜しくない
幹部社員を育成する!
経営幹部育成塾
「オートビジネス店長アカデミー」は、こちらからご覧いただけます。

 

 >>コンサルタント 菊池正寛 プロフィールへ
 >>コンサルタントコラム 菊池正寛 一覧へ
 >>コンサルタントコラム 一覧へ




お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ