【終了】整備工場向け 販売参入のための手法公開セミナー2012 4月

勉強会・セミナー開催レポート

なぜあの工場がたった1年で、
車販300台 車検500台も伸ばすことができたのか?


2代目が語る!
山形の小さな整備工場が、初年度から奇跡の実績を出した方法とは?

概要説明

■ 整備工場の販売参入で、第2の創業期へ

整備工場を取り巻く環境は、人口減少、高齢化、人材不足、車検低価格競争など厳しさを増すばかりです。このような厳しい状況のなか、何も新しいことを行わず、何も変えずにやっていたのでは、売上が下がるのは明白です。
今、若い人材を活用し、攻めることを止めないことが大事なのです。将来(10年後)のために、販売に参入し、第2の創業期へと移行してください。
しかし、そもそも販売に参入する際に、悩むこととは「仕入れ」「在庫資金」「人材募集」「本業である車検の伸び」などではないでしょうか。
ひとつずつ説明いたします。

Q. 在庫車の仕入れは?
⇒ いざ販売に参入。どんな車を売ろうかと考えます。当たり前ですが、「売れる車」を並べ なければ売れません。いま「売れる車」とは、ズバリ軽自動車です。しかも現場で実際にお客様の声を聞いてみると「50万円くらいで乗れる軽自動車はないの?」という声をよく聞くようになったのではないでしょうか。販売参入で成功している整備工場の共通点、それは「50万円予算の軽自動車に絞って」仕入れをしているのです。

Q. 在庫資金の確保は?
⇒ 軽自動車は、相場が下がりにくく、在庫差損が少ないという特徴があります。仕入れの際は、一定の在庫資金が必要なものの、いざとなったらオークションなどで売却することで、損を最小限に抑え、すぐに現金に換えることができるのです。つまりリスクが少ないのです。

Q. 営業スタッフの採用は?
⇒ 軽自動車は、規格も統一されていて、種類も普通車に比べて少ないので、比較的知識習得が容易です。そのため、営業スタッフに求められる条件は、車の知識や販売経験よりも、愛嬌や素直さなのです。ずばり20代の若者が向いています。

Q. 本業である車検の伸びは?
⇒ 販売に参入した整備工場で成功している売り方は「車検付乗り出しパック」です。このパックの中には、「車検」が含まれています。車検が切れている車であれば車検の受け渡し費用として、車検が残っている車であれば3年以内にくる次回車検の費用が入っています。つまり、車検を100%必ず売る仕組みです。

講座内容

■ 当セミナー内容の一部をお伝えします

1.  地方の小さな整備工場が今後10年生き残る道
2.  お客様の目線で作るお店作りで効果的な3つのツール
3.  2012年中に自動車販売に参入するためのスケジュールは?
4.  何台展示すれば一番売れるのか?
5.  車に貼るPOPベスト3
6.  通りがかり客を増やす看板デザインとは?
7.  通りがかり客を増やす大型のぼりの効果
8.  何の車種を何台ずつ置けば売れるのか?
9.  売れた車が車検に帰ってくる3つの仕掛けとは?
10. 素人でも車が売れる! ツール一式大公開
11. トップ営業マンの採用方法と面接で見るポイント
12. チラシ配布でよくある間違いとは?
13. チラシはどうまくのか? 何部? 何回まけば効果的か?
14. 当たったチラシ販促・ポイントを大公開!
15. 2012年当たったチラシのキャッチフレーズとは?
16. 自動車販売店も欲しがるモデル在庫構成比を大公開
17. 売れる車種・売りやすい車種ベスト5はズバリこれ!
18. 年間300台販売する店舗の3つの仕入れ基準とは?
19. 説明ツール(アプローチブック)の作り方と活用法!
20. 来場成約率を50%に高める商談の進め方!
21. 小さな店でもお客様を逃さない展示場の作り方 とは?
22. 売った車が90%以上車検に入庫する仕組み!
23. 車検付販売するための必須ツール
24. 向こう5年、販売・車検を伸ばし続ける社長の心構えと考え方

以上は、セミナーでお伝えする情報のほんの一部です。
ぜひ社長と2代目経営者の両名でご参加ください。

会場・日時

2012/04/16 13:00~17:00
   大阪府 (株)船井総合研究所 大阪本社(淀屋橋)

2012/04/18 13:00~17:00
   東京都 (株)船井総合研究所 東京本社(丸の内)

講師紹介

小平 勝也 (コヒラ カツヤ)

小平 勝也 (コヒラ カツヤ)

 

株式会社船井総合研究所 オートビジネス支援部 グループリーダー 上席コンサルタント

高崎経済大学経済学部卒。1997年オートビジネス支援部発足と同時に所属し、翌年のオートビジネス経営研究会の開会と共に専任講師を務める。自動車メーカー・自動車販売ディーラーをはじめ、自動車整備・鈑金業、自動車部品商、カー用品店からリサイクルパーツ関連に至るまで、業績アップの担い手として幅広く活躍。情報システム分野にも強く、整備・鈑金業を中心として、業務支援システムや経営管理システムなどソフトウェア開発へのアドバイスも行っている。「ヒトと楽しさの追求」をテーマに、従来にない斬新な切り口で、現場密着の経営施策を提案する。 遊び心満載のユニークな発想と実際に使える具体的なアドバイスが、経営者に好評を得ている。

 

菊池 正寛(キクチ マサヒロ)

菊池 正寛(キクチ マサヒロ)

 

株式会社 船井総合研究所 オートビジネス支援部

2009年信州大学大学院 工学系研究科卒業後、船井総合研究所に入社。

 

小松 諭 氏

小松 諭 氏

 

株式会社エマタ自動車 取締役

株式会社エマタ自動車は、1970年設立の山形県山形市に拠点を持つ企業。車検フランチャイズに加盟しており、2011年に中古車販売に参入した。

 

勉強会・セミナー開催レポート

参加料金

【1名様目】
一般企業様 19,800円 / 一名様(税込)
会員企業様 15,000円 / 一名様(税込)

【2名様目以降】
一般企業様 9,800円 / 一名様(税込)
会員企業様 9,800円 / 一名様(税込)

※ 各会場 先着30名様
※ 会員企業様とは、フナイトップリーダークラブやFUNAI メンバーズ Plus(無料お試し期間を除く)など、船井総合研究所主催の各種勉強会にご入会中の企業様を指します。

 

お電話でのお申し込みは、開催日の1営業日前まで可能です。
受付電話番号:0120-974-154(アクツ・マツシタ)平日09:30~18:00

 

※受講料は開催日の一週間前までにお振込みください。

※お振込み手数料はお客様のご負担とさせていただきます。


三井住友銀行(0009) 近畿第一支店(974) 普通預金
口座番号:5785318
受取人名:カ)フナイソウゴウケンキユウシヨ セミナーグチ


※ご参加を取り消される場合は、開催日より3営業日前の17時までに電話にてご連絡くださいますようお願いいたします。以降お取り消しの場合、ご参加料金の50%を、当日の欠席は100%をキャンセル料として申し受けますのでご注意ください。

お申込み

FUNAIメンバーズPLUSとして申し込む

WEBからのお申し込み

FAXお申込み用紙ダウンロード

お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ