2016年7月28日(木)

2016年7月度「オートビジネス経営研究会」が船井総研淀屋橋セミナープレイスにて開催されました。

本会会員の経営者・経営陣の方々104名にお集まりいただきました。

▼オートビジネス経営研究会 本会
詳細情報はこちらをご覧ください。


オートビジネス経営研究会

第1講座は、「最近の事例より」と題しまして、
上席コンサルタントの小平よりお話いたしました。

1

直近のメーカー動向、販売動向、市場環境、景気状況から、7~8月の対策、そして重要性を増しているコンタクトセンターの設置についてお伝えさせていただきました。

7~8月の対策については、具体的に

①プラスαの集客施策(集客アップ)
②成約率アップ(質のアップ)
③8月のお盆商戦対策

の3つの視点からお話させていただきました。
コンタクトセンターの設置については、「顧客管理」「要件」「即実践すること」の3つの視点からお話をさせていただきました。

効率化のためには業務を分業化し、一人の業務領域を絞り込むことが重要になります。


第2講座は、「新車販売方法と体制づくり」と題しまして、シニア経営コンサルタントの渡邉よりお話しいたしました。

2

最近の流れとして、未使用車の仕入れが難しくなっておりその分を新車販売で賄うようご提案をいたしました。
また新車販売を行うメリットとしては、ディーラーからの軽届出済未使用車を供給してもらうための関係づくりにも活用できるということが考えられます。

具体的な販売手法のご紹介、また新車販売の体制づくりをご案内させていただきました。


第3講座は、シニア経営コンサルタントの小梢より「粗利&営業利益率アップ」に関して、お話しさせていただきました。

3

現在日本では消費増税の延期、イギリスのEU離脱などの影響を受け、不景気感が漂っており、今後も回復の兆しが見えない状況にあります。
また追い打ちをかけるように相次いだ自動車メーカーの不正問題によって販売の現場には暗雲が立ち込め始めています。

この様な状況で、売上が伸び辛くなることが必至であるため粗利率、営業利益率を高めるように進むことが現在取りうる最善策であるとお伝えさせていただきました。

粗利、営業利益率アップのための施策を営業アフターサービス新卒の戦力化その他と4分類し合計30の項目をご紹介いたしました。


午後は、「情報交換会」を実施いたしました。

4

情報交換会とは、弊社コンサルタントがファシリテーターを務め、 会員様同士が直近の業績や成功事例などを発表・共有する時間です。

今回の情報交換会の中では、4つのグループに分かれまして、各社様の6月度の振り返りについて共有しました。質問も活発に飛び交っており、大変有意義な情報交換会になりました。

 


次回は、8月24日(水)品川プリンスホテル新高輪にて例会を開催いたします。
こちらは船井総研で年に一度開催される大イベント、経営戦略セミナーの最終日でございます。
次回も皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

▼▼詳しくはこちら
オートビジネス経営研究会 本会

勉強会・セミナー開催レポート

>>勉強会・セミナー”実況中継” オートビジネス経営研究会 本会 一覧へ
>>勉強会・セミナー”実況中継” 一覧へ

お問い合わせ

オートビジネス支援部 担当:カトウ・オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネス支援部のサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ