2016年2月12日(金)

2016年2月度「オートビジネス経営研究会」が船井総研丸の内オフィスにて開催されました。

新繁忙期の真っ只中ではありますが、オートビジネス経営研究会 本会会員の経営者・経営陣の方々80名以上にお集まりいただきました。

▼オートビジネス経営研究会 本会
詳細情報はこちらをご覧ください。

オートビジネス経営研究会

第一講座は、「最近の事例より」と題しまして上席コンサルタントの小平よりお話いたしました。

講座は、「1月の実績より」「最近の動向から考えたいこと」「2月-3月の方向性」についてお伝えしました。

軽届出済未使用車を扱う会員企業様では、1月度の実績が昨年対比100%前後と想定よりも厳しい状況でした。

その中でも好調企業は、集客に多くの資本を投下した会社様です。さらに改めてコンプライアンス対応を強化することをお伝えいたしました。

最後に、2月-3月の方向性として、「販促コストフルマックス」「大量在庫保有」「従業員の体調維持」の3つが重要であることもあわせてお伝えいたしました。

オートビジネス経営研究会

第二講座は「月々払い専門店 最新事例」と題しまして、チーフ経営コンサルタントの菊池よりお伝えいたしました。

月々払い専門店とは、軽新車に特化したマイカーリース専門店であり、近年業績を伸ばしている業態です。

今回の講座では、月々払い専門店の収益モデル、モデル在庫構成、集客方法、成約率アップ方法をお伝えいたしました。

月々払い専門店は小商圏型のビジネスモデルであり、小額投資で開始できることもメリットの一つです。

オートビジネス経営研究会

第三講座は「アフターサービス強化 自動車保険強化施策」と題しましてシニア経営コンサルタントの渡邊よりお伝えいたしました。

講座は、「自動車保険強化」「継続業務の分業化」「新規保険獲得モデル」についてお伝えしました。

自動車保険部門の強化として、「分業化体制」「保険獲得目標設定」「専任化体制」の3つあり、 それぞれ詳細の内容を説明しました。

保険は車検同様、ストック型収益モデルなので、獲得件数を増やすことで、 会社の財務体質が格段に良くなります。最後に現場で活用している保険の提案ツールをいくつか紹介いたしました。

オートビジネス経営研究会

午後は、「情報交換会」を実施しました。

情報交換会とは、弊社コンサルタントがファシリテーターを務め、 会員様同士が直近の業績や成功事例などを発表・共有する時間です。

今回の情報交換会の中では、1月度の振り返りと2月-3月の繁忙期対策について共有しました。

今回から完全に、チラシ集配布型からiPad閲覧型に移行しました。

チラシをデータ化しておくと、いつでも見たい時にデータをダウンロードできるため、 便利になったとの声を多くの会社様から頂きました。

これからもオートビジネス経営研究会は、時流に沿って、進化し続けます。

次回は、3月10日(木)に例会を開催いたします。次回も皆様のご参加を心よりお待ちしております。

▼▼詳しくはこちら
オートビジネス経営研究会 本会

勉強会・セミナー開催レポート

>>勉強会・セミナー”実況中継” オートビジネス経営研究会 本会 一覧へ
>>勉強会・セミナー”実況中継” 一覧へ

お問い合わせ

オートビジネス支援部 担当:カトウ・オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネス支援部のサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ