2015年11月27日(金)

「第20回 オートビジネス経営研究会専門店サークル」として、 今年も年に一度の専門店サークル繁盛店視察クリニックを開催いたしました。/p>

今回は愛知県・岐阜県にある3社様を視察させていただきました。

当日は、全国の車種専門店の経営者・経営陣の方々にお集まりいただきました。

▼専門店サークル
開催情報はこちらをご覧ください。

 

オートビジネス経営研究会専門店サークル

1社目は岐阜県中津川市のN社様を視察いたしました。

会社の歴史がわかるショールームのほかに、新車のインプレッサSTIバージョン22Bが鎮座するオリジナルブランド「B-faction」の展示場、全国のスバリストのオフ会の場にも使用されるサンバートラックの記念館“望桜荘”、アルシオーネの記念館などを見学させていただきました。

社長自ら1時間以上かけて熱心に説明いただいきましたが、名車を扱う専門店のあり方、コアなお客様との付き合い方など、参加者も皆熱心に勉強されていました。

 

オートビジネス経営研究会専門店サークル

2社目は、岐阜県各務原市にある専門店サークル会員のK社様を視察いたしました。

K社様は、2001年に創業された輸入車専門店ですが、輸入車の販売とともにアフターサービスにも注力されております。WEBや定期的な案内とTELコールにより既存客集客を強化されており、店舗経費の大部分をサービス益で賄っております。

ボッシュカーサービスに加盟されており、最新の設備が導入された整備工場や大規模な塗装ブースを視察しました。

 

オートビジネス経営研究会専門店サークル

3社目は、愛知県春日井市のS社様を視察いたしました。

S社様は、販売部門では軽未使用車・軽中古車・コンパクト未使用車の3業態、車検・鈑金・保険といった専業部門を1拠点で進められている地域一番店でございます。

今回はコンパクト未使用車を取り扱う店舗を中心に視察させていただき、平均的に月次粗利が1,100万円を超えるコンパクト未使用車の業態についてご紹介いただきました。

また、当日の参加者の要望により、急遽車検工場も見学させていただきました。

単店車検台数が日本最大級である工場について、皆様興味津々でありました。

社長による講演では会社の特徴などについても話していただきましたが、中でも「お客様第一主義」という理念の社員への浸透のさせ方について関心が集まりました。

 

視察後のバス内では参加者の皆様で一日の振り返りを行いましたが、「会社の理念を明確化する」といった大きな目標から、「工場の整理整頓を毎日徹底する」といった明日から実行すべきことまで、様々な感想を聞くことができました。

当日思ったことの一つでも実際に行動に移すことで、参加者様の業績アップの一助となれば幸いです。

当日ご参加くださった皆様、また、お忙しい中視察を受け入れてくださった企業の方々にこの場を借りて感謝申し上げます。

次回専門店サークルは1月25日(月)を予定しております。

次回もお会いできることを心より楽しみにしております。

勉強会・セミナー開催レポート

>>勉強会・セミナー”実況中継” 専門店サークル一覧へ
>>勉強会・セミナー”実況中継” 一覧へ

お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:加藤

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ