2015年7月2日(木)開催

7月度「オートビジネス経営研究会エリアサークル(大阪会場)」が
大阪淀屋橋セミナープレイスにて開催されました。

当日は、お日柄も良く、多くのお客様にご参加いただきました。

▼エリアサークル
開催情報はこちらをご覧ください。

 

オートビジネス経営研究会エリアサークル大阪

午前中は「とにかく、折込チラシで集客を増やしたい方へ“当たる折込チラシ強化セミナー”」と題しましてオートビジネス支援部北野よりお送りいたしました。

今回焦点を当てたのはチラシの「内容」ではなく、「撒き方」です。 これまでお伝えした「内容」に加えて「撒き方」という2軸で考えることで折込チラシの見方を変えるお話をさせていただきました。

お伝えしたことは大きく4つです。

 

(1)チラシの現状

最近ではWEBやテレビを使った販促活動が主流になってきております。

しかし、地域一番店を目指すには地域(足元)商圏を固める必要があります。

そこへの集中販促をする際に効果的なのは、やはり新聞折込チラシなのです。

定期的に配布をすることで記憶に残りやすくなりますし、何よりお客様の手元に残るということがポイントになります。

 

(2)当たる折込チラシの考え方

当たるチラシには消費者の需要を喚起する7つのキーワードがあります。

「安さ感、安心感、お値打ち感、お得感、限定感、特別感、親近感」です。

これを踏まえた上で「どんなお客様を呼ぶのか」を決める必要があります。

ひとつ具体例を挙げると、新規のお客様を呼ぶのであれば、最も重要なキーワードは

「安心感」になります。人は誰しも初めてのことに不安や躊躇を覚えるもので、

それらを販促上、どれだけ払拭できるかがポイントになります。

 

(3)事例を交えて「撒き方」による集客アップの具体的な手法

今回は販促方法の変更で昨対119%を達成した関西のH社様の事例を元に

チラシの配布戦略立案に必要な事実数字の把握、商圏設定、ポテンシャル把握、

配布エリアの選定、折込会社の選定、チラシ業者の選定、効果検証の手法に関してお伝えいたしました。

ひとつ掻い摘んでお伝えすると、事実数字の押さえるべき数字は

「人口、世帯数、自動車保有台数、所得指数、トンプソン指数」です。

中でもトンプソン指数はご存知の無い参加者様も多く、

ワークを通じて算出にチャレンジしていただきました。

 

(4)明日から行うこと

最後には明日から行うべきことを10か条にまとめたものを提示いたしました。

午前中の講座を通してお伝えしたかったポイントをまとめたので、

早速明日から取り組んでいただけることと思います。

オートビジネス経営研究会エリアサークル大阪

午後の前半講座は、オートビジネス支援部、チーフ経営コンサルタントの菊池より 「市場データ」「最新事例紹介」と題してお話をさせていただきました。

 

(1)市場データ

2015年の新車の販売台数やメーカー別販売台数に関する統計データの

解説を行いました。時流とともに、自社の販売戦略をお伝えいたしました。

 

(2)最新事例紹介

最新事例紹介では全国の事例を分かりやすく、かつ明日から実践できるレベルで解説いたしました。

ひとつご紹介すると「チラシのCPRが22,000円 ⇒ 15,000円へダウン」した事例です。

この事例はある文言の打ち出し方を変えただけで反響率が大きく変化しました。

(* CPRとはお客様の来場1件あたりの販促費)

オートビジネス経営研究会エリアサークル大阪

さらに、オートビジネス支援部、チーフ経営コンサルタントの立原より、 「業態別の戦略」と題してお話させていただきました。

 

(1)軽届出済未使用車専門店

「未使用車」の認知度が高まってきた現在、差別化はどのポイントを重視すればよいのか、

業態の歴史を振り返りながらお伝えいたしました。さらに7~8月は9月に向けての準備期間として、

売りたい車を売れる体制作りの構築策をお伝えいたしました。

他業界からの視点も交えてお話したのでメモを取られる参加者様も多かったように思います。

 

(2)軽中古車専門店

大きくは「仕入難への対策」「在庫規模別の販促方法」をお伝えいたしました。

仕入難だからこそ商品づくりの内製化や在庫台数に応じた販促量の測定が必要です。

さらに閑散期だからこそできる見直し項目や基準の変更をご提案いたしました。

 

(3)整備工場

整備工場直近2ヶ月で取り組むべきことは「季節商品の販売」「DMの送付を癖付け」に加え、

「退職者が増える7~8月にできること」をお伝えいたしました。

具体的には7~8月は退職者が全国的に増える時期で特に意識したいのは

「お客様との接触頻度と役割を与える」ということです。

今回も全国から集められた数多くの事例を元に考えられたもので、

参加者の皆さまのご期待に沿う内容であったように思います。

 

オートビジネス経営研究会エリアサークル大阪

午後の後半講座は、「過去8年間で整備士がひとりも退職しない取り組み」 をされているN社様をピックアップし、パネルディスカッション形式でお送りいたしました。

基本的には事前に参加者の皆さまから寄せられたご質問を中心に行いました。

具体的な質問は以下の通りです。

・辞めない整備士を採用するために、選考時に確認していることは?

・日常業務の中で工場長が社員のモチベーションを上げるための行動は?

・休日を取れる習慣はいつから始まり、なぜその様になったのか?

・24時間鈑金・ロードサービスのメリットとデメリットは?

・中途採用の整備士が、自社になじむために行っていることは?

・お客様を固定客化するために実施していることは?

この中でひとつ掻い摘んでご回答を紹介すると、

「休日を取れる習慣はいつから始まり、なぜその様になったのか?」というご質問には、

社内環境が一変するチャンスを狙って社労士の先生と就業規則を作り変えたそうです。

変化した社内環境に合うようにカスタマイズしたとのことでした。

その他多くの参加者の皆さまから、ご質問をいただきました。

オートビジネス経営研究会エリアサークル大阪

本日の最後には4グループに分かれて情報交換会を行いました。

今回は業態を加味して4つのグループに分かれて情報交換を行いました。

テーマは、それぞれ4~6月の振り返り、取り組んで良かったこと、

改善点、最近困っていることについてです。

ファシリテータはもちろん、参加者の皆さまから、

今後の方向性を示す具体策が飛び交っていました。

また、予定時間を超えて大きな盛り上がりを見せました。

次回例会は9月2日(水)船井総合研究所淀屋橋セミナープレイス(大阪)にて

開催致します。

次回もご参加を心よりお待ちしております!

オートビジネス経営研究会 エリアサークル
【東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・札幌】にて開催!
今だけの特別企画◇無料お試し参加受付中です!
ご興味を持たれた方は是非この機会に一度ご参加ください。

▼▼詳しくはこちら
オートビジネス経営研究会 エリアサークル

勉強会・セミナー開催レポート

>>勉強会・セミナー”実況中継” エリアサークル大阪 一覧へ
>>勉強会・セミナー”実況中継” 一覧へ

お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:加藤

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ