2014年11月27日(木)

「第15回 オートビジネス経営研究会専門店サークル」が行われました。

今年、最後となる今回の専門店サークルは、昨年に引き続きクリニックという形をとり、「第2回専門店サークル繁盛店視察ツアー」として行われました。

当日は車種専門店の経営者・リーダークラスの方々にお集まりいただき、神奈川県内の専門店2社を視察に行きました。

 

まず、繁盛店クリニックとは、船井流現場主義の勉強会です。

いつもの研究会で違う点は、実際に現場へ足を運ぶことでイメージしやすく、即実行に移すことが出来る勉強会であることです。

今回のメインテーマは、自社の強みを発揮できている専門店に学ぶ、コンセプトと仕組みづくりでした。

 

オートビジネス経営研究会 専門店サークル

最初の視察先は、相模原市内のフォークリフトの専門店、P社様でした。

P社様は、ディーラーが強みとする販売に主軸を置かず、中古車買取・レンタル・サービス事業で、業績を上げている会社様です。

P社様からの学びで特徴的だったのは、お客様と接点を持ち方と、全社の目標に対して行動できる仕組みづくりでした。

確かに、最近話題であるWEBに力を入れることが重要ではありますが、その後のアプローチが専門店では重要であります。

P社様では、WEBの他にFAXレターや年賀状を定期的にお客様に送り、時にはお中元やお歳暮などもお客様にお送りします。

今回の視察からは、以上の内容が専門店での商売で基本であることを再確認し、目標や業務に関しての可視化する方法を学ぶことができました。

自動車業界以外の企業様からも学ぶことが沢山あります。

 

オートビジネス経営研究会 専門店サークル

二つ目の視察先は、横浜市内のコンパクトカー専門店、A社様でした。

A社様は、都市型商圏で事例になりつつあるコンパクトカーの販売に加え、車検や鈑金を取り扱う専門店です。

1月に現在の場所に移転し、居抜物件をうまく活用した店作りが勉強になりました。

物件は、車より小さいアイテムを扱う店だったため、天井は低めで車屋には向いていない設計ではありました。

しかし、壁~天井を白で統一したり、大きめなキッズコーナーを作ったりし、開放感を感じさせるつくりになっておりました。

また、ターゲットとなる客層に合わせて商談スペースの家具を、その客層が買いそうなブランドで統一するなど、お客様がくつろいで過ごせる空間を作っていたのも特徴的でした。

しっかりと、商品・客層・店のコンセプトを合わせることが重要であると学びました。

今回は、半日、2社の視察でしたが、ご参加いただいた方々には、たくさんの気づきを得ていただけたと思います。
この中から、自社に取り入れて業績アップし、専門店の礎を気づいていってほしいと心から思っております。

当日ご参加の皆様、そして視察を受けてくださった企業の皆様、本当にありがとうございました。

次回専門店サークルは1月19日(月)を予定しています。
次回もお会いできることを楽しみにしています。

勉強会・セミナー開催レポート

>>勉強会・セミナー”実況中継” 専門店サークル一覧へ



お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ