page top

このサイトは(株)船井総合研究所【東証1部上場(株)船井総研ホールディングス】のオートビジネスグループが運営しています。

船井総研オートビジネス経営研究会

電話番号03-6212-2931 お問い合わせ マイページ 【担当】アサノ・イノウエ【受付時間】平日9:00~17:30
勉強会セミナー 勉強会・セミナー"実況中継" 軽月々払い専門店研究会 オートビジネス経営研究会 軽月々払い専門店会(大阪会場) 実況中継
2018.04.18

オートビジネス経営研究会 軽月々払い専門店会(大阪会場) 実況中継

2018年4月18日(水) 船井総合研究所 淀屋橋セミナープレイスにおいて、2018年4月度 「オートビジネス経営研究会 軽月々払い専門店会・大阪会場」が開催されました。当日は雨天であったにも関わらず、パートナー企業会員様も含めた70名を超えるみなさまにご参加いただきました。また、経営者や経営幹部、店長など、一社複数名でご参加いただける企業様も増えてきており、休憩中に会員様同士で情報交換される姿も多く見受けられるようになっております。

第一講座「リース繁盛店の取り組み事例 ゲスト講座」

当日も講座は10 : 30より開始しました。

第一講座「リース繁盛店の取り組み事例 ゲスト講座」と題しまして、ゲスト講師をお招きし、菊池正寛(船井総合研究所 シニア経営コンサルタント) とのパネルディスカション形式でお送りいたしました。

今回ゲスト講師としてご登壇いただいたのは、兵庫県神戸市西区(人口:24万人)に店舗を構える株式会社ユウキ自動車様です。代表取締役である芹澤夕子氏にご登壇いただき、リース販売の取り組みについてお話しいただきました。ユウキ自動車様は平成28年に新車リース販売を本格的にスタートされました。当初は思うように販売台数を伸ばすことができなかったとのことです。しかし、社内での勉強会を開催したり、他社の成功事例を取り入れたりすることで、販売台数は徐々に増加、業績を上げてこられました。チラシ作成では、毎回企画を変えて取り組み、他のリースプランとの差別化を意識されています。

代表の芹澤夕子氏は20年前にパートアルバイトとして同社に入社し、店長、役員を経て平成29年に代表取締役に就任しました。その過程でNLPという実践心理学を学び、NLPプロフェッショナルコーチやNLPマスタープラクティショナーなどいくつもの資格を保有し、現在の営業方法にも活かされております。心理学を取り入れた営業手法についてもお話いただきました。

第二講座「軽月々払い専門店の業績アップ」

第二講座は「軽月々払い専門店の業績アップ」と題し、引き続き菊池よりお送りいたしました。菊池からは大きく3点、①新車販売動向②繁忙期の各社実績③好調店に共通する特徴についてお伝えいたしました。直近の新車販売動向からは、普通車と比べても相対的に安価な軽自動車の需要が高まってきており、今後の伸びも期待できます。特に、スライドドア車種、自動ブレーキ搭載車種が人気であり、普通車も含む2017年度の通称名別新車販売確報においては上位10車種に、7種の軽自動車がランクインしました。ちなみに、軽自動車のなかではホンダN-BOXがトップとなっています。なお、好調店の特徴としてはお客様との接客頻度が高いという点で共通しています。九州地方A店では、車検台数の3倍を超えるオイル交換件数を実施しています。他にも、店舗にカフェを併設することで、店舗としての付加価値を上げて業績を伸ばしている事例をご紹介いたしました。

第三講座「リース販売の最新成功事例」

第三講座「リース販売の最新成功事例」と題し、渡邊慶(船井総合研究所 オート支援部) よりお送りいたしました。今回は集客アップ施策を4点、成約率アップ施策を4点、粗利アップ施策を2点の、計10点の成功事例をご紹介いたしました。

第四講座「店舗調査講座」

第四講座「店舗調査講座」と題し、引き続き渡邊よりお送りいたしました。当講座では「1」~「4」の4段階に分けた指数で現状の店舗レベルを可視化し、測定する手法をお伝えしました。①店舗力(展示場、ショールーム、トイレなど)、②スタッフ対応力(身だしなみ、マナー、商談スキルなど) という大きく2項目に分け、合計100項目を点数化。現状における自社のレベルを可視化でき、改善策を見つけることが容易になります。自社の現状を点数化することにより他社との比較も可能となり、同様の採点をひと月ごとに実施していくと店舗としての成長も可視化することができます。店舗調査の結果としては得点の高い店舗ほど販売台数が多く、また展示車両が多いほど販売台数が多いという結果になりました。視認性の高い看板等を設置し、アプローチブック商談と商談時のヒアリングに注力する店舗ほど、販売台数が多いという結果も出ております

第五講座「人事制度構築の成功事例・ポイント」

第五講座は「人事制度構築の成功事例・ポイント」と題し、井上晴見(船井総合研究所HRDコンサルティング事業本部 オート人事評価・組織開発チーム)よりお送りいたしました。当講座では主に評価制度導入の基準についてお話しいたしました。とりわけ、企業を①成長期②成熟期③過渡期という3フェーズに分け、各フェーズにおける人事制度についての重要ポイントをお伝えいたしました。成長期においては個人実績を重視した上で個人インセンティブの比率を高くする。成熟期においては個人の数字のみならず部門実績やマネジメント能力を評価するなどの定性評価にシフトし始める。以上のことが望ましいという旨をお伝えし、今後の導入を検討している企業に向けては、行動評価だけでなく実績評価も組み込みつつ、業績アップと両立していく方法について説明させていただきました。

「情報交換会」

14 : 10からは、「情報交換会」を開催いたしました。当日は全体を5グループに分けての実施となり、各グループにはファシリテーターとして弊社コンサルタントを1名ずつ配置しました。各グループとも積極的に成功事例を共有していただき、フラット7のお客様への説明方法やチラシの有効的な配布方法、営業マンの採用方法などについて、頻繁に意見交換されていた印象があります。

「まとめ講座」

また、16 : 50からは情報交換会終了後の「まとめ講座」と題し、各グループのファシリテーターより全体へ向け、成功事例や注目したい取り組みなどのシェアが行われました。

大阪会場にお越しいただいたみなさま、誠にありがとうございました。次回の「オートビジネス経営研究会 軽月々払い専門店会 大阪会場」は、6月27日(水) 船井総合研究所 淀屋橋オフィス(大阪府大阪市)にて開催いたします。また6月6には通常視ることのできない繁盛している同業者様を巡る繁盛店視察ツアーも開催いたしますので、この機会にぜひご参加下さい!

お問い合わせ
【お電話のお問い合わせはコチラ】
03-6212-2931

(受付時間)9:30~17:30 定休日 / 土日祝

担当:カトウ・オオタニ

※お電話いただく際に、船井総合研究所
オートビジネス支援部のサイトを見た
とお伝えください。

【メールでのお問い合わせはコチラ】
お問い合わせ