2014月10月1日(水)

東京本社にて、「軽39.8万円セミナー」を開催いたしました。

全国各地、関東地方の会社様、中には北海道からいらっしゃる企業様もおり、数多くのお客様にご参加いただきました。

▼「軽39.8万円セミナー」
開催情報はこちらをご覧ください。

 

軽39.8万円セミナー

第一講座は中古車販売店出身で、軽39.8万円専門店に業態転換をした研究会会員企業の取締役をゲスト講師としてお招きし、オートビジネス支援部の立原とパネルディスカッションを行いました。

軽39.8万円専門店に特化することを決めた理由や、参入後、好実績を挙げる中での具体的な手法として、仕入れ、販促、品揃えなど、どのように行っているのかをお話いただきました。

その中の販促について、少しご紹介いたします。

パネルディスカッションの中で

「月の販促コストについて教えてください」という質問に対して

「90~120万円です。販促は認知度を継続的に維持していくものである。

やった分だけお客様は来る」とおっしゃられていました。

参加者の皆さまは、相槌を打ちながら、真剣にメモを取る姿が見受けられました。

 

軽39.8万円セミナー

第二講座はオートビジネス支援部立原より、「たった在庫30台で月間61台売った方法」と題してお話いたしました。

今回の講座は軽39.8販売店で車販に参入し、在庫の回転率を上げるにはどんなことを意識していけばいいかということをお話いたしました。

話の中にあった「軽39.8万円専門店が品揃えをする上で意識すること」
について少しご紹介いたします。

・仕入れは、現地で自分の目で見てやること

・在庫管理の集計を可視化して管理すること

・売れ筋車種は、売値を仕入れ値のマイナスにしてでも仕入れること

ということをお伝えしました。

売れ筋車種というのは、お客様が欲しいと思っている車です。

その車を安く売るために自社でノウハウを構築していくことが重要です。

そうすることによりお客様は増加し、販売台数も伸び、在庫の回転率もアップしていくとお伝えしました。

 

軽39.8万円セミナー

第三講座は、オートビジネス支援部の渡邊より「本日のまとめ」をお伝えしました。

お伝えした内容の中にあった「なぜ39.8万円専門店でなければならないのか」について少しご紹介いたします。

39.8万円専門店は、確立された集客モデルである。

その上で、地域で優位性のあるポジションをとっていく。これをビジネス立地といいます。

それをしっかり見定めて、集客に力を入れ、とりくんでいくことが組織力アップ、業績アップにつながり、強い会社ができていくとお伝えいたしました。

本日は、多くの方にご参加いただき、大盛況にて終えることができました。

10月20日(月)に「軽39.8万円セミナー」(大阪会場)が船井総合研究所 淀屋橋セミナープレイスにて、主に西日本に拠点を持つ会社様向けに開催いたします。

まだ、お申し込みをされていないという方は、ぜひご参加のほど、お待ちしております。



勉強会・セミナー開催レポート

>>勉強会・セミナー”実況中継” 一覧へ



お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ