2017年6月27日(火)

2017年6月27日に「車検アカデミー」が船井総合研究所五反田オフィスにて開催されました。

こちらは整備部門を活性化する店長・工場長向け車検・整備勉強会です。

当日は、全国各地からのオートビジネス経営研究会会員様を中心に約40名の整備部門長の方々にお集まりいただきました。

▼「車検アカデミー」
勉強会詳細情報はこちらをご覧ください。

第一講座では「事例ピックアップ講座 ~整備工場の環境整備・業務効率化~」のテーマで、國延よりお話をさせていただきました。

整備工場を高効率・高生産で稼働できるように環境を整えることを環境整備としてお話させていただきました。
時間当たりの生産性を上げる事例や清潔・安全な職場環境を保つ事例を紹介させていただきました。

後半は参加者の皆さまにグループワークに取り組んでいただき、「環境整備・業務効率化で取り組んで良かったことと課題」について、実際の取り組みや意見を交換していただきました。

第二講座では「今回のピックアップ企業」と題しまして、
ピックアップ企業様の事例を浜中よりお話をさせていただきました。

年間の車検台数が、我々のお付き合いのある企業様の中でもトップレベルの企業様です。
今回ご紹介させていただきましたのは、コールセンターの仕組みづくりと売り場づくりについてです。
コールセンターの仕組みづくりでは、数値管理の徹底とコールブースづくりについてお話させていただきました。
売り場づくりでは、空いたスペースに商品を陳列するのではなく、お客様に見せることを意識した展示をすることをお伝えさせていただきました。
最後には、12ヵ月点検の獲得率向上に向けた取り組みについてお話させて頂きました。

第三講座では「効率化の追求」について淵上よりお話をさせていただきました。

今回は生産性アップや車検入庫枠の稼働率アップ、車検の短時間化についてお話させていただきました。
生産性アップについては一人あたりの生産性アップと時間当たりの生産性を意識してアップさせることが重要であるとお伝えさせていただきました。
車検入庫枠の稼働率アップにつきましては曜日別の稼働率まで意識することが重要であるとお話させていただきました。
車検の短時間化につきましては、作業内容を定期的に見直し、改善点を考える場を設けることが重要でお伝えさせていただきました。
最後には、参加者の皆さまにグループワークに取り組んでいただき、「車検入庫で効率化を目的に取り組んでいること」について、実際の取り組みや意見を交換していただきました。

第四講座では「情報交換会」開催いたしました。

情報交換会では参加企業様の生の事例を聞くことができる場となっております。
今何が当たっているのか、どんな取り組みをしているのか等、各企業様が試行錯誤している現場の今を聞くことができる情報交換会で、包み隠さず多くを話してくださる企業様の勉強好きの姿勢には我々もいつも学ばせていただいています。

最後に、参加者様に本日の振り返りシートを記入していただき本講座を終了とさせてきました。
今回はたくさんのご参加、誠にありがとうございます。謹んでお礼申し上げます。

次回の車検アカデミーは、2017年7月25日(火)です。
次回もたくさんのご参加お待ちしております。

 

▼車検アカデミー
今だけの特別企画◇無料お試し参加受付中です!
ご興味を持たれた方は是非この機会に一度ご参加ください。
オートビジネス経営研究会エリアサークルへの入会が必要となります。

車検アカデミー 開催レポート

>>勉強会・セミナー”実況中継” 車検アカデミー 一覧へ
>>勉強会・セミナー”実況中継” 一覧へ

お問い合わせ

オートビジネス支援部 担当:カトウ・オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネス支援部のサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ