2017年6月12日(月)開催

2017年6月12日(月)に船井総合研究所・大阪淀屋橋セミナープレイスにて、
6月度「軽39.8万円専門店研究会」が開催されました。

当日は、39.8万円専門店の経営者・経営幹部とパートナー企業会員様にお集まりいただきました。

▼「オートビジネス軽39.8万円専門店研究会」
勉強会詳細情報はこちらをご覧ください。

第1講座は、「最近の事例より」と題しましてシニア経営コンサルタントの立原よりお話いたしました。

2017年1月~4月期の自動車販売業績は前年対比弱含みで推移しています。全体の市場動向として、普通車は軽自動車より売れていますが1月~3月の3か月区分では、小型乗用車のほうが売り上げを伸ばしています。

次に好調企業の共通点を商品構成、集客の2点から見ていきます。
好調企業の商品構成の共通点として、同一車種で幅広い価格帯をカバーする「重ね売り」の継続が挙げられます。集客においてはWEB媒体への注力、特にポータルサイト対策の強化をしているという共通点が見受けられます。
閑散期を迎えるにあたり、皆様には今一度自社が伸びていない要因をつかみ,対策を講じつつ本格的にストックビジネス化を進める必要があります。

第2講座は、「ポータルサイト対策」と題しましてマーケティングコンサルタントの佐藤よりお話いたしました。

ポータルサイトにおける掲載台数は来店数に直結します。また仮に総掲載台数で競合に後れをとっていたとしても、取り組み次第で来店を伸ばすことは可能となります。

今回は自社掲載台数と近隣競合掲載台数によって、とるべき戦略を4つに分けてご紹介いたしました。お伝えしました内容はどれも、明日から取り組めるような実践的なものでした。

皆様にはぜひ、ポータルサイトでの自社と競合の掲載台数をチェックしてみるところから始めていただくことをおすすめいたします。



第3講座は、「ピックアップ講座」と題しまして中古車グループ伴野よりお話いたしました。

今回は長野県松本市において、年間約800台を売り上げる企業様を取り上げ、月間販売台数の1/3を売り上げるトップ営業マンの販売手法についてお伝えいたしました。

具体的な取り組みについていくつかご紹介いたします。

・商談は常にお客様目線で実施する
・年代別にヒアリング内容を分け、お客様によって
 説明方法を変える
・独自の説明方法でメンテナンスパスポートを勧め、
 延長保証の付帯率80%~90%


昼食後は、「情報交換会」を実施いたしました。

情報交換会とは、弊社コンサルタントがファシリテーターを務め、会員様同士が直近の業績や成功事例などを発表・共有する時間です。今回は2つのグループに分かれ、事例を共有いたしました。

・WEB担当者を設け、安定的にWEB来店比率60%を維持
・リターゲティング広告の活用で販売台数が3台から10台へアップ

など、様々な取り組みが紹介され非常に盛り上がる会となりました。

次回の軽39.8万円専門店研究会は、2017年8月23日(水)~25日(金)にグランドプリンス新高輪にて経営戦略セミナー(研究会全国大会)でおこなわれます。
また7月24日(月)には軽39.8万円専門店会の会員様をお連れして、地域1番の軽専門店を視察するクリニックを企画しております。今回ご紹介致しました企業様にも訪問予定です。現場主義に基づいた船井流の勉強法も、会員の皆様にぜひ体感していただければと思います。
皆様のご参加をお待ちしております。

 

▼▼詳しくはこちら

>>”オートビジネス軽39.8万円研究会” へ

>>勉強会・セミナー”実況中継” 一覧へ

お問い合わせ

オートビジネス支援部 担当:カトウ・オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネス支援部のサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ