オートビジネス経営研究会

2014年9月10日(水)

2014年9月度「オートビジネス経営研究会」が
船井総合研究所東京本社にて開催されました。

当日は、オートビジネス経営研究会
本会会員の経営者・経営陣の方々にお集まりいただきました。

▼オートビジネス経営研究会 本会
詳細情報はこちらをご覧ください。

オートビジネス経営研究会

第一講座は、「最近の事例より」と題しまして上席コンサルタントの小平よりお話いたしました。

講座では、自動車販売における「8~9月の動向と10月以降の対策」についてお伝えしました。

景気の動向が厳しいと言われておりますが、8月のお盆商戦では軒並み平年よりも良い結果となっており、8月から9月にかけて集客が戻ってきている会社様が多かったです。

しかし、昨年10月以降は駆け込み需要で非常に良い成績を出された会員様が多いので、9月度は昨年対比100%を超えるラストチャンスです。

集客が昨年ほど大きくは期待できない中、成約率アップを強化する必要があるため、成約率アップの施策をご紹介いたしました。

また、厳しい時期だからこそ、コンプライアンス面に気をつけ、リスク管理はしっかりとしていただきたいということをお話いたしました。

オートビジネス経営研究会

第二講座「営業体制構築」と題しましてシニア経営コンサルタントの渡邊よりお話いたしました。

増税の影響で20%ほども集客が減少している会社があり、販売台数の維持が難しいことが見込まれる中で、成約率アップが重要であると言えます。

そのための即効性のある方法として、「成約率順接客」をご紹介いたしました。

また、会社の収益体制改善のポイントとして、保険獲得率向上の必要性をご説明いたしました。

営業の分業化の必要性と、その営業マンの育成方法が今後の営業におけるポイントとなります。

オートビジネス経営研究会

第三講座「軽39.8万円専門店 好調店事例」と題しまして経営コンサルタントの菊池よりお話いたしました。

軽39.8万円専門店では、年間販売1,000台弱ペースと好調の販売店も出てきました。

そのような販売店の特徴を、事例を交えながらご紹介し、3点の施策についてお話いたしました。

1、集客強化施策
2、商品強化施策
3、成約率アップ施策

特に、集客強化のための施策でテレビCMを実際にご覧いただき、その前後での販売台数の変化など、具体的に事例をご紹介し、自社で導入するためのポイントもお伝えしました。

オートビジネス経営研究会

昼食後は、「情報交換会」を実施しました。

情報交換会とは、弊社コンサルタントがファシリテーターを務め、会員様同士が直近の業績や施策などを発表し合います。

今回は4つのグループに分かれて情報交換を行った後、最後に全体の場で情報の共有をしました。

成約率アップ、BP原価コストダウン、車検台当り粗利アップ、次月車検予約獲得率アップ、チラシのCPOダウン、整備士中途採用、整備作業時間の削減、新卒1年目営業の教育方法、保険獲得率アップといった事例のお話で盛り上がりました。

非常に有意義な情報交換会となりました。

次回例会は11月13日(木)船井総合研究所東京本社にて開催致します。

次回もご参加を心よりお待ちしております!

▼▼詳しくはこちら
オートビジネス経営研究会 本会

勉強会・セミナー開催レポート

>>勉強会・セミナー”実況中継” オートビジネス経営研究会 本会 一覧へ
>>勉強会・セミナー”実況中継” 一覧へ

 

お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ