2014年4月2日(水)

「第7回 オートビジネス店長アカデミー(旧 番頭塾)」を行いました。
会場は、船井総合研究所東京本社です。

開催当日は、全国各地から50名の店長・工場長の皆様にお集まり頂きました。こちらは地域一番の自動車販売店・整備工場をリードするための店長を育成する勉強会です。

▼「オートビジネス店長アカデミー(旧 番頭塾)」
勉強会詳細情報はこちらをご覧ください。

 

オートビジネス店長アカデミー(旧 番頭塾)

はじめに、皆様で自己紹介シートを記入して頂きました。

その中の内容にある

・将来目指す役職と理由
・現在の課題
・店長アカデミーで獲得したいスキル

という項目について、グループの中の皆様で、順番に発表して頂きました。

皆様、真剣な顔つきで記入している姿が見受けられ、発表のときは、堂々として、会社のこと、部下のことを真剣に考えていることが伝わってきました。

そしてそれに対してのグループのメンバーも真剣に質問、フィードバックをしておりました。

講座受講の前に、高いモチベーションのみなぎる雰囲気の空間になりました。

 

オートビジネス店長アカデミー(旧 番頭塾)

第一講座は、船井総合研究所 シニア経営コンサルタントの藤木より「新人育成の極意」についてお伝えしました。

講座は下記のテーマに沿ってお伝えしました。

・新人を考える
・船井流人財育成の極意
・心をつかむための8つの要素
・上手な褒め方、叱り方
・新人の育成プランを考える

上記の中から2つピックアップして、ご説明いたします。

1つは、“新人を考える”の、育ちの違いについてです。

昔と今、「あるもの・ないもの」「時代やルール」など、昔と今を比べて、環境の違いについて考えて、グループでディスカッションをして頂きました。

ディスカッション後に発表者からは、現在の新人は、昔と比べて素直だが、主体性がなく、甘いなどという意見が出ました。

藤木の意見は、下記のとおりです

たとえ、昔は、厳しかったとしても、新人に同じ苦労をさせる必要はない。
今の新人には、その新人にあったやり方で道を示すこと。
その上で苦労して成長をすれば良い。

例として挙げられるのは、プロゴルファーの石川遼選手などが分かりやすいでしょう。
というものでした。

今と過去は違います。

新人の教育も同じです、部下を成長させるスキルを向上させて行く必要があります。

 

2つ目は、“船井流人財育成の極意”の新卒採用に取り組むスタンスについてです。

“効率化、スピード化は優秀な人材を育てない”

  ・売れるだけの社員を作るのではなく、売ることもできる社員を育てる
  ・業務を分解して標準化することで全社的にレベルアップ
  ・出来るひとではなく、出来た人を育てる

ということが挙げられました。

仕事の中での上司は、出来るか出来ないかではなく、出来た人に仕事を頼むことによって、その人の自立性を高め、成長をさせていくことがポイントであるとお伝えしました。

 

オートビジネス店長アカデミー(旧 番頭塾)

第二講座は、ゲスト講演で、某大手コンビニエンスストアの経営をしている会社様の代表にお越しいただき、船井総合研究所経営コンサルタントの菊池とパネルディスカッション形式でご講演いただきました。

現在は代表となっていらっしゃいますが、店舗改革を行った店長時代に大きな成果を上げられた方ですので、店長時代に実施したことを中心にお話を伺いました。


以下ご講演(パネルディスカッション)の内容を一つご紹介します。

・採用後は初期教育を行いマインド教育を徹底する。

→アルバイトスタッフであっても、店長と同じマインドを持ったミニ店長に育てる。
トップと同じ考え方を共有できる様にすることで、店長と同じレベルのマインドを持って業務を行うことができるようになる。

→アルバイトスタッフでも店長レベルの挨拶、声かけ、接客が出来るようになる。


「人の戦力化は初期教育で決まる。
トレーニング期間は、店長が他の仕事よりも優先して、新人育成にあたる。

毎日、つきっきりでトレーニングする。
そうすることで、自分と同じマインドのスタッフを育てる。」

そしてパネルディスカッションを終えて、参加者から下記のような質問が挙がりました。

Q.新人の初期教育が終わり、その後のフォローで失敗したことはありますか。
A.基本的に初期教育で会社の考えと新人の考えの整合性を一致する。

その後のフォローがうまくいくかは、初期教育次第である。

やはり一番のポイントは、最初の初期教育でいかに会社の考え、店長の考えに共感をして頂くかです。

 

オートビジネス店長アカデミー(旧 番頭塾)

第三講座は、船井総合研究所の傳田より、「顧客がリピートする仕組み作り」についてお伝えしました。以下、講座の中にあったお話をいくつか紹介します。

まず、“新規のお客様の獲得には5倍のコストがかかる”についてです。

ポイントは、名簿客の固定客化・信者客化です。

具体的な手立てとして、
・顧客のリピート率の高い店になるため、定期的に既存客イベントを実施していく
・既存客には、名簿客、固定客、信者客があり、既存客を3態に分けて理解する
・既存客の流出を極力減らし、名簿客、固定客、信者客へと昇華させていく

とお伝えしました。

その後、一般的にリピートするお店とリピートしないお店とは、どのような違いがあるかということをワークを交えて考えて頂き、いくつかのグループに発表をして頂きました。

以下に実際の意見を紹介します。

リピートされるお店の理由は
・期待にこたえてくれる。求めているものがあるお店
・勝手が分かりやすく、商品を探したりするストレスがないお店

一方、リピートをされないお店の理由は
・欲しい情報が手に入りづらい、連絡不足のお店

などという意見が上がりました。

 

オートビジネス店長アカデミー(旧 番頭塾)

最後に、今回学んだことから「やることシート」に明日からの取り組み次項を記載して頂き次回までの課題としてお持ち帰りいただきました。

今回の店長アカデミーは、過去最高の人数で実施されました。

新しいメンバーも多数加わり更に情報交換やディスカッションが盛り上がった会になりました。

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

次回、第9回店長アカデミーは2014年6月4日(水)を予定しております。

次回も皆様のご参加を心よりお待ちしております!

 

オートビジネス店長アカデミー(旧 番頭塾)
今だけの特別企画◇無料お試し参加受付中です!
ご興味を持たれた方は是非この機会に一度ご参加ください。
オートビジネス経営研究会エリアサークルへの入会が必要となります。

▼▼詳しくはこちらをご覧ください。
オートビジネス店長アカデミー(旧 番頭塾)

オートビジネス店長アカデミー 勉強会・セミナー開催レポート

 >>勉強会・セミナー”実況中継” オートビジネス店長アカデミー一覧へ
 >>勉強会・セミナー”実況中継” 一覧へ




お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ