2017年2月15日(水)

2017年2月15日(水)に船井総合研究会 愛知県産業労働センター ウィンクあいちにて、
2月度の「オートビジネス経営研究会エリアサークル名古屋」が開催されました。

当日は、経営研究会エリア名古屋の会員様である経営者、経営者陣の方々とパートナー企業の会員様にお集まりいただきました。

▼エリアサークル
開催情報はこちらをご覧ください。
オートビジネス経営研究会エリアサークルは即時業績アップの超実践型勉強会です。

11:10~12:30 
第一講座 「市場環境および近況」・「車販・保険の取り組み」


第一講座は「市場環境および近況」・「車販・保険の取り組み」と題しまして、
オートビジネス支援部の佐藤・大森よりお送り致しました。

まず、佐藤より「市場環境および近況」をお伝えさせていただきました。

軽自動車の新車販売台数、中古車販売台数を2016年と2015年で比較すると前年比89%、98.7%という結果でした。このように軽自動車が減少傾向である中、軽自動車をメインで売っている販売店でも好調店舗があります。講座では、好調店舗ではどのような取り組みを行っているのかを具体的にご紹介させていただきました。

好調店舗の特徴としては以下の3つです。

①商品力が強い

②在庫台数が多い

③チラシをやりきっている(回数、枚数、サイズ、色)

ただし、他の業態で成功している事例をそのまま当てはめるのではなく、自社の業態に合わせて、施策を適応させていくことが重要になります。業態を考える上で、ポイントになるのが「商圏人口」「在庫台数」です。自社がどの業態を扱っているのかを再度確認し、その業態がその商圏で最適なのか、最適な在庫台数を揃えられているのかを考え直すことが、縮小市場の今日では重要になります。

img01


次に、大森より「車販・保険の取り組み」をお伝えさせていただきました。

2017年最初のエリアサークル名古屋であったため、基本に戻り、船井流差別化の8要素についてご紹介いたしました。

差別化の8要素とは
「立地、規模、ブランド、商品、販促、営業、価格、固定客化」です。
立地、規模、ブランドは戦略的な部分であり、簡単に変えることはできません。

さらに、商品も差別化が難しくなってきております。
そのため、販促に力を入れて差別化を図っていく必要があり、これからはチラシだけではなく、店舗販促、ポータルサイトや自社ホームページ、SNSなどに力を入れていく必要があります。

店舗販促でのポイントは

①イベント感を出すこと

②インナー即決特典を行うこと

③POPを活用すること

です。

店舗販促で成約率を高め、業績アップに繋げていくことができます。

販促に力を入れる一方で、社内体制の強化も重要です。
自動車市場が縮小していく中、集客数を増やすことは簡単なことではないため、プラスアルファの施策を行い、成約率アップ、粗利アップにも焦点を当てて、隙間時間を有効に活用していくことが今後、大事になります。

img02

 

13:10~14:40
第二講座 「整備・鈑金部門の取り組み」・「人財開発関連の取り組み」

第二講座は船井総合研究所の佐藤より「整備・鈑金の取り組み」・「人財開発関連の取り組み」について講演させていただきました。
「整備・鈑金の取り組み」では2017年のテーマをお伝えさせていただきました。2017年意識すべき3つの指標は以下の3つです。

①車検リピート率

②車検粗利単価

③1人あたり生産性

2017年はマクロ的要素、具体的には東日本大震災1年後の反動需要で売れた車の車検、消費税増税前の駆込需要の車検が重なるため、車検はかなり好調になる見通しです。

しかし、好調だからこそ足元を固めるタイミングです。
好調な2017年に3つの指標を上げていくことで強い会社を作れます。
なぜなら、車検は「いつ、どのくらいの車検が来て、どのくらいの粗利が出る」かを算出することができるからです。安定した経営をするためには、車検の足元の強化が必須です。そのための具体的な施策を「整備・鈑金の取り組み」としてお伝えさせていただきました。

「人財開発関連の取り組み」では、人財確保の必要性、組織力診断、整備士採用についてお伝えいたしました。
人財が定着するためには、従業員の満足度を上げる必要がありますが、満足度を図っていない会社様が多くいらっしゃいます。従業員が会社をどう思っているのかを知るためにも、組織力診断を受け、経営者が従業員の満足度を素直に受け止めなければなりません。まずは自社の現状を知ることで、定着率を上げるために何をすればいいのかがわかるようになります。

「人財開発関連の取り組み」の後半では、整備士採用のトレンドについてお話させていただきました。整備士採用はWEBが主流になっております。今の若者はWEBで求人を探しているということ、企業にとってはWEBを活用することによって採用コストを抑えられるということからWEB採用がトレンドになっております。WEBをうまく活用してコストを抑えながら採用し、組織力診断で定着率アップを図ることで人財の確保&定着を実現できます。

img03

 

15:00~16:30
第三講座 「テーマ別ディスカッション」~既存顧客対策~

本日の最後には皆様で情報交換会をおこないました。
今回の情報交換会は

①近況について(1-2月の振返り)

②既存客獲得の取り組み(良かった取り組み、成功事例)

③その他相談事項

という3本立てです。
既存客獲得の取り組みとしてはDMが多かったのですが、各社それぞれイベントで差別化していたり、DMのリストの精査を凝っていたり色をつけてDMを送っておりました。
質問や事例がたくさん出ており、大変盛り上がる会となりました。また、たくさんメモを書いており、勉強好きな方々の集まりであることを実感いたしました。

img04


次回例会は4月27日(木) 愛知県産業労働センター ウィンクあいちにて開催致します。
次回も皆様のご参加を心よりお待ちしております。

オートビジネス経営研究会 エリアサークル
【東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・札幌】にて開催!
ご興味を持たれた方は是非この機会に一度ご参加ください。

▼▼詳しくはこちら
オートビジネス経営研究会 エリアサークル

勉強会・セミナー開催レポート

>>勉強会・セミナー”実況中継” エリアサークル名古屋 一覧へ
>>勉強会・セミナー”実況中継” 一覧へ

お問い合わせ

オートビジネス支援部 担当:カトウ・オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネス支援部のサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ