2014年3月6日(木)

2014年3月度「オートビジネス経営研究会」が
船井総合研究所東京本社にて開催されました。

当日は、オートビジネス経営研究会
本会会員の経営者・経営陣の方々にお集まりいただきました。

▼オートビジネス経営研究会 本会
詳細情報はこちらをご覧ください。

オートビジネス経営研究会

第一講座は、「最近の事例より」と題しまして

上席コンサルタントの小平よりお話いたしました。

講座でお伝えした内容の一部をご紹介させていただきます。

会員企業様は、新車・中古車ともに、この1~3月の繁忙期は、前年を大きく超えるよい結果となっています。

3月もあと3週間ですが、最後まで目標に向けて取り組んでいただくようお伝えしました。

しかし、増税後の4月以降は厳しい時期となります。

増税後対策については、この講座の中でも、何度もお伝えしていることもあり、会員企業様については、大きく数字を落とすことなく乗り切ることができそうです。

昨年から増税対策を打っている会員企業様も多くいます。

前準備が徹底されていて素晴らしいです。

オートビジネス経営研究会

第二講座は「車検3,000台以上、車販1,000台以上企業の車検強化15施策」と題しまして経営コンサルタントの小梢よりお話いたしました。

講座でお伝えした一部をご紹介させていただきます。

1.既存集客編
~車検後のお礼電話のかけ方について/既存向けDM催事など~

2.新規集客編
~クチコミ紹介強化方法など~

3.単価アップ編
~実績を「見える化」する方法/追加整備商品のグレードについてなど~

4.効率化
~車検の事前準備についてなど~

ご支援先で行っている好事例より4つに分けてそれぞれ具体的な対策をお話させていただきました。

車検は、特に新規集客が厳しくなっている時期ですが、その中でも有効に実績を伸ばしていける方法をお伝えしました。

オートビジネス経営研究会

第三講座は「整備士のキャリアアップ」と題しまして経営コンサルタントの服部より整備士の給与体系についてお話いたしました。

多くの中小企業では、中途・新卒採用において、獲得競争が激しくなっています。特に整備士に関しては顕著です。

まずは、整備士の5年後・10年後のキャリアステップを「見える化」することが大事ということをお伝えしました。

「見える化」することで、将来への希望や期待が明確になり、結果として整備士採用および定着化につながります。

オートビジネス経営研究会

昼食後は、「情報交換会」と実施しました。

情報交換会とは、弊社コンサルタントがファシリテーターを務め、会員様同士が直近の業績や施策などを発表し合います。

今回は4つのグループに分かれて情報交換を行った後、最後に全体の場で情報の共有をしました。

情報交換会では、昨年対比を大幅に上回る実績が多く非常に盛り上がりました。

次回例会は5月8日(木)船井総合研究所 丸の内オフィスにて開催致します。

次回もご参加を心よりお待ちしております!

▼▼詳しくはこちら
オートビジネス経営研究会 本会

勉強会・セミナー開催レポート

>>勉強会・セミナー”実況中継” オートビジネス経営研究会 本会 一覧へ
>>勉強会・セミナー”実況中継” 一覧へ

 

お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ