2016年11月9日(水)開催

2016年11月度「オートビジネス経営研究会」が
船井総研丸の内オフィスにて開催されました。
本会会員の経営者・経営陣の方々84名にお集まりいただきました。

▼オートビジネス経営研究会 本会
詳細情報はこちらをご覧ください。

第1講座は、「最近の事例より」と題しまして、上席コンサルタントの小平よりお話いたしました。 

まず10月5日(水)、6日(木)に行われた「オートビジネス経営研究会秋クリニック」のまとめを行いました。
今回のゲスト講師であったT株式会社様が、靴下の専門店として業績を伸ばしてきた根本的な理由をご紹介させていただきました。
3つご紹介しましたが、顧客属性別の専門展開のお話など、どれもオートビジネス経営研究会に繋がる内容でした。

また、皆様にクリニックで視察していただいた、
 株式会社R様、
 株式会社K様、
 株式会社O様
についてもそれぞれまとめをさせていただきました。
3社様共通して業績を伸ばしている要因としては、ハード面、販促面など何かで地域一番になっているということでした。何かで地域一番になることが、地域一番店への道であるようです。

次に10月9日(日)~16日(日)で行われた「グレートカンパニー視察ツアー2016アメリカ西海岸」のまとめを行いました。
テスラモータース様、トヨタ様、グーグル様、スターバックス様のそれぞれの取り組みをご紹介いたしました。そこから我々がやるべきことは以下の3つです。1つ1つ確実に取り組んでみてください。
 ①自社紹介動画を作成する
 ②今、会社として改善すべき内容は何かをもう一度考え直す
 ③愛社精神を高める取り組みをする

最後に10月の実績を踏まえて、11~12月の方向性はどうするかを提案させていただきました。
ここでは、他社様の成功事例をご紹介させていただきました。
オートビジネス経営研究会に参加しなければ得られない生の情報です。

img04

第2講座は、経営コンサルタントの松尾より「グレートカンパニー視察セミナー」についてお話しさせていただきました。

グーグル様、BOX様、トヨタ様、スターバックス様などの現場を見させていただき、ルール化したことは以下の3つです。
 ①生産性の意識がイノベーションに繋がる
 ②生産性を上げる環境が社員満足に繋がる
 ③自社の社員のことがわかるプレゼンがある

世界的な企業が大事にしていることは、生産性です。その生産性を高めるためには、社員に働きやすい環境を提供することが必要です。
徐々に我々も生産性を高めていく方向になっていますが、まだまだハード面、ソフト面どちらも整っていない状況です。本日、ご紹介した企業様の取り組みを参考に、自社でどういう取り組みをするかを考え、実践していただきたいです。

img05

第3講座は、「2017年初売りに向けて」と題しまして、シニア経営コンサルタントの渡邊よりお話しいたしました。

渡邉からは主に、自動車保険、付帯商品(延長保証)、下取についてお話させていただきました。それぞれのポイントは、自動車保険は購入者の家族にも自社で保険に入ってもらうこと、延長保証は営業マンが提案できるように仕組みづくりをすること、下取は下限品質にこだわることです。
初売りまでの残り1か月間半でどれだけ初売りに向けての体制作りができるかが初売りが成功するかどうかのキーポイントになります。是非ツールなどの作成をして、営業マンが提案しやすい体制にしてください。

img06

午後は、「情報交換会」を実施いたしました。
情報交換会とは、弊社コンサルタントがファシリテーターを務め、 会員様同士が直近の業績や成功事例などを発表・共有する時間です。
今回の情報交換会の中では、4つのグループに分かれまして、各社様の10月度の振り返りについて共有しました。質問も活発に飛び交っており、大変有意義な情報交換会になりました。

img07

次回は、2017年1月13日(火)に丸の内オフィスにて例会を開催いたします。
次回も皆様のご参加を心よりお待ちしております。

▼▼詳しくはこちら
オートビジネス経営研究会 本会

勉強会・セミナー開催レポート

>>勉強会・セミナー”実況中継” オートビジネス経営研究会 本会 一覧へ
>>勉強会・セミナー”実況中継” 一覧へ

お問い合わせ

オートビジネス支援部 担当:カトウ・オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時45分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、「船井総合研究所 オートビジネス支援部のサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ 船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ