2013年10月7(月)

驚きドイツ版グレートカンパニー視察ツアー2013

10月6日~12日にかけて、「ドイツ版グレートカンパニー視察ツアー2013」を開催しました。

▼オートグループ版「繁盛店視察クリニックツアー」
開催情報はこちらをご覧ください。
※参加にはエリアサークルの入会が必要です。

 

2日目の視察先について、一部ご紹介いたします。

 

視察2社目:Juwi Holding(ユーイ・ホールディング)

・従業員数 1,800人

・売上11億ユーロ

・GPTW20位

驚きドイツ版グレートカンパニー視察ツアー2013

(1)企業概要

・同社は1996年に物理学者であるマティアス・ヴィレンバッハーと、農業・経済学者であるフレッド•ユングによって創業された、再生エネルギー分野に特化したプラントメーカーである。

風力発電をかわきりに太陽光発電、バイオマス発電に進出している。

ドイツ国内では原子力発電は影を潜め、再生エネルギーが広く注目をあつめている。

再生エネルギー、太陽光発電、風力発電、バイオマス発電、原子力発電は影を潜める。

同社には1750名の社員がおり、うち1004名ドイツ国内である。

従業員数は右肩上がりで増えている。売上はドイツ国内が2/3、ドイツ国外が1/3である。日本にも進出している。

驚きドイツ版グレートカンパニー視察ツアー2013

(2)特徴

・今まで風力314MW、太陽光321MWの発電実績がある。50億ユーロ以上の投資をしてきた。

・森の中に風力発電をつくるのが同社の独自技術。森の中であれば景観をこわしにくく、また居住地からも離れている。

ただし動植物への影響を調べるため(鳥の衝突など)、1年間ものアセスメントを事前に行う。

・同社は2008年、全て再生可能なエネルギーによって賄われている本社ビルを建設した。この木造のオフィス複合ビルは床面積8,500 m²で、約300人の従業員を収容するスペースを有している

・自然エネルギー参入の支援もしている。巨大な資本がなくても、自然エネルギー産業に参入できるようにプロジェクト化。その支援をすることで、一気に市場拡大していった

【プロジェクトの内容】

・土地の提供者探し

・設備への投資

・融資の交渉

・管理・運営者を束ねる

・工程設計 など

※ユーウイがプロジェクトリーダーとして、参入を手助けしている

驚きドイツ版グレートカンパニー視察ツアー2013

(3)取組み

・同社の社員は平均年齢37歳。マネージャーより下の社員は「おまえ」と言い合う文化である。

・72人分の託児所を用意。6ヶ月から3歳児を預かる。

・社員食堂には力を入れている。近郊の農家から有機野菜を仕入れている。

大学の学生食堂よりも安い価格で提供している。

 

視察3社目: REWE(レーヴェ)

・従業員数 327,600人

・売上497億ユーロ

驚きドイツ版グレートカンパニー視察ツアー2013

(1)企業概要

Rewe Groupは、「ディスカウントストアのPenny」「スーパーマーケットのREWE」「ハイパーマーケットのTOOM」を初めとする小売業や旅行業などを行う複合企業。

(2)特徴

・REWEは日本でいうイオンなど一般的量販店に相当する。同社の売上は約5兆円前後の売上であり、従業員数は32万7600万人である。

・品揃えもアイテム数重視型で、1日目のテグゥトよりもチーズやハム、スナック類は3倍近くあった。

・ドイツの典型的なスーパーマーケット。生鮮、生肉、鮮魚がならぶ。鮮魚は対面販売されていた。自家栽培の有機野菜も販売していた。

 

視察4社目: Lidl(リドル)

・売上590億ユーロ

驚きドイツ版グレートカンパニー視察ツアー2013

(1)企業概要

・Lidlは世界中に約9300店舗を展開するドイツのディスカウントスーパーマーケット、ハードディスカウントのチェーン店。

(2)特徴

・リドルの店舗は、基本的に同じレイアウトを持っています。

飲料を最初の通路に置き、アルコール飲料を最後の通路に置いています。

チルド品は店の背面の壁に沿って並べられ、サンドウィッチ、パスタサラダ、果物等のデリカは、チルド品の入り口のところに陳列されています。

古い店には棚の間の隙間が狭く、買い物をする人は人の流れに沿って移動する他ないレイアウトとなっています。果物や野菜は通常店の最初の通路にあり、次にパンやケーキが並んでいます。

・リドルはPB商品のみならず、NB商品を扱っている。

スーパーマーケットやハイパーマーケットに対して同じ商品の低価格を訴求している。

 

視察5社目: ALDI(アルディ)

・従業員数 9,221人

・売上530億ユーロ

驚きドイツ版グレートカンパニー視察ツアー2013

(1)企業概要

アルディの創業は、1948年。カール・アルブレヒトとテオ・アルブレヒト兄弟は、100㎡の母親の経営する店の経営を引き継ぎました。

第二次世界大戦後、敗戦国ドイツは、日本と同じように大不況を迎えていましたが、それを機会に、アルディは加工食品を主体にした、「少品目大量販売」の店舗展開に乗り出しました。

これが、「ハードディスカウント(HDS)」、「リミテッド・アソートメントストア」、「ボックスストア」業態の始まりと言われています。

(2)特徴

・ALDIは、商社、問屋などの中間業者とは決して取引しない。

それが安さを打ち出せる大きな理由だ。(15~20%は問屋の取り分) また、ALDIは「契約は必ず守る」ことでも有名である。

この信用力が、ALDIの特徴でもある。「PB商品」といっても「ALDIのマーク」が付いている訳でもない。

NB商品は販売していない。独自に探した他店では扱いのない商品を「PB商品」として販売している。

・ALDIは日本でいうトライアルなどディスカウントストアにあたる。売上はやはり5兆円前後であり、従業員数は9221人である。

・種類は少ないが商品の価格は驚異的に安い。例えば日本であれば400円前後するサラミの詰め合わせセットが、100円前後で売られている。

・最近ではREWEとALDIが共存共栄の関係を見出している。すなわちREWEが出店した近くにALDIが出店し、REWEよりも価格優位性がある商品カテゴリーでお客を集客している。

 

驚きドイツ版グレートカンパニー視察ツアー2013

視察終了後は、ハイデルベルグで懇親会を行いました。

ドイツらしく、じゃがいもとソーセージでした。




視察ツアーは3日目に続きます。

 

繁盛店視察クリニックツアー
ご興味持たれた方はこの機会にこちらも併せてご覧ください。

▼▼詳しくはこちら
繁盛店視察クリニックツアー

勉強会・セミナー開催レポート

>>勉強会・セミナー”実況中継” クリニック 一覧へ
>>勉強会・セミナー”実況中継” 一覧へ




お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ