2013年9月12日

オートビジネス経営研究会

2013年9月度「オートビジネス経営研究会」が
船井総合研究所東京本社にて開催されました。

当日は、オートビジネス経営研究会
本会会員の経営者・経営陣の方々に
お集まりいただきました。


 

オートビジネス経営研究会

第一講座は、「最近の事例より」と題して、
上席コンサルタントの中谷よりお話いたしました。

講座内容は以下の通り。

・8~9月の近況と9~10月対策
・オイル、クイック、BPの専門部門化でサービス粗利アップ
・今後の出展リニューアルにおけるポイント
・これからの会社(組織)の成長のさせ方
・今から始める2014年対策

一部内容をご紹介いたします。

ビジネスモデルや好立地があっても人が増えなければ会社は伸びません。
採用に力を入れても辞める人が減らなければ会社は伸びないということです。

要するに「会社の成長≒人数の増加」です。そのために力相応のレベルの学生を採用して、教育と早期戦力化に注力して頂くのが最も大事です。

有名大学卒の学生(入社時に光っている人材)よりも、大人数採用の中で思ってもいなかった人材が伸びる方が会社の成長を助けてくれるのです。

 

オートビジネス経営研究会

第二講座では、「車販店の車検5,000台モデル」と題して、経営コンサルタントの小梢よりお話しました。

講座内容は以下の通り。

・会員企業の動向
・単店5,000台に向けての重要なポイント

一部内容をご紹介いたします。

会員企業のうち、単店車検3,000台を突破している(する予定)会社様が増えてきました。

だからこそ単店5,000台を目指して頂きたいというのが船井総合研究所がご提案するモデルです。

そのために「車検リピート率」を高めることが必須となりますので、顧客対応の量と質を高めるための「コールセンター」の設置は必須です。

また、車検が増えるにつれて既存客のオイル交換件数が増えていきますが、100%対応するためには「オイル交換専用ストール」の設置とパートアルバイトを雇用してでも「オイル交換専任スタッフ」を設置することが大事です。

 

オートビジネス経営研究会

第三講座では、上席コンサルタントの小平より
既存の販売方法についてお話しました。






 

オートビジネス経営研究会

昼食後は情報交換会を実施しました。

各社の8月、9月度の近況、取り組み事例や個別の相談案件について、弊社コンサルタントを含め会員様同士で意見交換を行うこの情報交換会は、大阪開催でも通常通り4グループに分かれて実施いたました。

具体的な例としまして一部ご紹介します。

(1) インパクトB3チラシ&のぼり連動で集客120%
(2) プラカードイベント120~130件来場
(3) 先輩営業マンの3回確認で、新卒1年目12人平均成約率45%

10月は会員企業限定の繁盛店視察クリニックが行われますので、
次回のオートビジネス経営研究会は11月12日(火)となります。

次回も皆様とお会いできますことを楽しみにしています。

 

「オートビジネス経営研究会 本会」 詳細はこちら

>>勉強会・セミナー”実況中継” 一覧へ


お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ