2013年2月8日

2013年1・2月度「オートビジネス経営研究会エリアサークル札幌」がTKPガーデンシティ札幌きょうさいサロンにて開催されました。
当日は、北海道エリアのオートビジネス経営研究会会員を中心に約10社の経営者・経営陣の方々にお集まりいただきました。

オートビジネス経営研究会エリアサークル札幌

午前はオートビジネス支援部の小梢より、特別講座として「90日でローン収益を100万円伸ばす方法」と題してお送りしました。
内容を一部ご紹介します。
車両粗利が下がってきている今、ローン収益アップは自動車販売店にとっては非常に重要になってきています。「うちには様々な競合があるから」「営業マンが全く勧めてくれないから」などの理由で、なかなか金利を上げられないという会社さんが非常に多くいらっしゃいます。
しかし、伸ばしている会社さんの多くは「7.9%以上の金利」で、「6年以上の支払回数の契約を獲得」し、「購入者の50%以上がローン利用している」現状があります。
ローン収益を高めるポイントは、
・自社の指定金利を高める
・競合他社と比較し、自社へ誘導するトークを作る
・見積りに100%3パターン以上のローン金額を記載する
・車両、店内にローン専用POPを設置する
・営業マンの実績を見える化する
・ローン提案ベストトークを毎月発表する
などがあります。ぜひ、自社と照らし合わせて対策を立ててみてください。

オートビジネス経営研究会エリアサークル札幌

午後の第一講座では、オートビジネス支援部の小梢より、最新事例を挙げながら業績アップ手法についてお送り致しました。
今回講座内でご紹介した内容は以下の通りです。
1.2012年の振り返り
2.初売り好調企業の取り組み
3.繁忙期対策
4.サンキュッパ業態の業績アップ事例
5.整備部門の1~3月の繁忙期対策

整備部門の繁忙期対策としては、車検台数を最大化するための施策を確実に実施することが大事なポイントになります。実施することとしては、
・予約枠を最大化
・人員体制を整える
・分業化による生産効率アップ
・入庫の平準化
・設備、作業場所を増やす
・コアタイムの予約枠を減らし、突発入庫に備える
やはり、台数を最大化させるためには生産効率を上げるためにアルバイトでもいいので人員を増やすことは非常に大事です。内定者アルバイトや協力企業のヘルプ人員、短期アルバイトなどを雇い、主力メカニックに車検生産に集中して頂くことで車検台数を高めていただければと思います。

オートビジネス経営研究会エリアサークル札幌

第二講座では、服部より実践業績アップ講座についてお送り致しました。今回の講座カリキュラムは「車検粗利単価アップ」がテーマです。
車検の粗利単価を急激にアップされた会社さんを例に挙げ、単価アップの重要な要素をご紹介いたしました。
(1)整備商品価格の見直し
(2)実績の見える化
(3)提案トーク勉強会
整備士の方々は営業マンの方々と違い、納得していなければ指示を受けてもなかなか実行に移せないことが多いです。
例えば、整備商品価格を見直す場合も、単に価格を上げるということでは提案率が下がりますが、競合他社などを調べて整備士に納得のいく上限価格に設定して頂くことで、提案率も下げることなく単価を上げることが可能になります。
整備部門の業績はひとつひとつ、整備士が納得し実行に移せることが最も重要になります。

第三講座では、情報交換会を実施しました。各社の初売りの結果や、繁忙期対策、今後の取り組み・課題など事例をもとに、弊社コンサルタントを含め会員様同士で意見交換を行いました。
次回のエリアサークル札幌は、4月5日(金)に開催します。
今回お休みされてしまった会社さんもいらっしゃいましたが、次回はさらに多くの会員企業様のご参加を心よりお待ちしております。

オートビジネス経営研究会 エリアサークル
【東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・札幌】にて開催!
今だけの特別企画◇無料お試し参加受付中です!
ご興味を持たれた方は是非この機会に一度ご参加ください。

▼▼詳しくはこちら
オートビジネス経営研究会 エリアサークル

お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ