2012年12月5日

「2012年度 オートビジネス経営研究会 会員総会」が御殿山ガーデンホテルラフォーレ東京にて行われました。

今回は株式会社ヤマグチ代表取締役山口勉氏をゲスト講師としてお招きしました。 

第1講座は、ゲスト講師である山口勉氏より「でんかのヤマグチの顧客サービスご近所主義!地域密着の底力」と題してお送りいたしました。

講座は、量販店の出店から今までの社長の葛藤やおもてなし経営の事例をお話いただきました。まず、顧客を34,000世帯から12,000世帯に絞りこみ、購買金額と期間で顧客分布を分け、対応を変えたお話がありました。

【顧客9分割表】

この表を基に顧客別の対応方法を変化させ、業績アップの基礎を作られました。
異業種ではありましたが、衰退業界で業績を上げ続けている会社ならではの取り組みやヒントが盛り込まれた講演でした。講演後はたくさんの会員様が名刺交換をされていました。

第2講座は、小平より「2012年 成功企業事例発表」と題してお送りいたしました。
今年1年間を振り返りながら、各研究会員様における成功事例を紹介致しました。

2012年度 オートビジネス経営研究会 会員総会

内容は、商品力アップ、集客アップ、成約率アップ、粗利アップ、入庫率アップ、単価アップ、効率アップ、採用力強化の視点で、各会員企業様での取組みを説明いたしました。

本年は、エコカー補助金で需要が喚起されたとはいえ、未使用車・中古車仕入れの苦戦や車検FCチェーンも新規車検獲得の苦戦など、決して恵まれた1年ではなかった。
しかし、その中で成長企業は次の3つを強化していた
■新規客<既存客&紹介客
■新規集客減→販促費、成約率アップ、ローン・保険などの多品種販売
■個人レベルアップと、組織しての仕組み化による、顧客対応力アップ など
外部環境に関係なく、打てる施策を徹底して行ったことが良かった

前年同様販売よりサービスの事例が中心になり、ますます変換期が訪れていることをお伝えしました。

第3講座は、中谷より「2013年の時流予測と必勝戦略」と題してお送りいたしました。

講座前半では2012年の業界トピックや自動車業界の数字を振り返り、2013年以降の動向予測をお送りしました。

2012年度 オートビジネス経営研究会 会員総会

2013年から取り組むことを3つにまとめると…
前提:地域一番店になれるビジネスモデルにすること
(1)モデルを深堀し、進化させる1年にする
 →とにかく、地域一番店へ。その後は圧倒的地域一番店へ。
(2)社長も社員もワクワクできるミッションを持とう
 →現在のビジネスはなぜしているのか?会社が一丸となって同じ方向に向かう指針づ くり
(3)我々の業種・規模で地域一番のESを提供できる会社になろう
 →給料だけではない、ここで働く意味をつくり始める。永続企業作りへ

本講座では来年以降、取り組むべきことを互いに再確認し、決意溢れる講座となりました。

最後に「オートビジネス経営研究会アワード2012」を実施しました。この表彰式では2012年、各分野において、素晴らしい実績を残した会員様を表彰しました。表彰項目としては、以下のようなものがあります。

・日本一シリーズ(日本一といえる業績を残した企業に贈る賞)
・営業マン販売ベスト10(優秀な成績を残した営業マンに贈る賞)
・1000クラブ(単店販売台数1000台以上の企業に贈る賞)
・3000クラブ(単店年間車検台数3000台以上の企業に贈る賞)
・ミリオンダラー・ラウンドテーブル(年間営業利益1億円以上の企業へ贈る賞)
・皆勤賞
・10years(会員暦10年以上の企業へ贈る賞)
・最優秀シリーズ(数字だけでは表せない優秀な取組みをされた企業へ贈る賞)
・天職への道
・年間MVP

2012年度 オートビジネス経営研究会 会員総会

来年への決意を強く語る受賞者の方が多く、徐々にエリアサークルからの受賞者が増え始めた表彰式でした。

2012年度最後の例会となったオートビジネス経営研究会 会員総会。
皆様、ご参加ありがとうございました。
来年も何卒よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ