2012年10月9日(火)視察3日目

驚きアメリカ版グレートカンパニー視察ツアー2012 【1日目】

3日目の視察先について、一部ご紹介いたします。

(8)オートデスク
従業員数 6,800人 売上19億5000万ドル(約1365億円)
GPTW52位(2012年)

オートデスクは、工業用CAD(コンピューター・エイデッド・デザイン:コンピューター援用設計)ソフトの分野においては、世界のトップメーカーです。同社は44カ国に展開しており、従業員の30%がアジア、17%が欧州地域に展開しています。従ってグローバル環境における人材マネジメントが求められています。人事部には120名が在籍。会社をあげて「働きがいのある職場」づくりに取り組んでおり、アメリカを始め中国・台湾でも“働きたい職場ランキング”にエントリーされています。

同社の特徴は、複数の取り組みにより、従業員の働く同期付けを行っています。

 ・スポーツクラブの加入代金、道具代金(health & well-being program)を企業が負担
 ・全世界の社員が参加するスポーツイベント(groval corporate challenge)を企画
 ・ボランティア活動には有給を、NPO団体へ社員が寄付した際には、同額を負担(community program)する仕組み
 ・健康増進フィットピットを活用した健康管理

これらのように社員の健康管理を会社が積極的に行っています。これらの取り組みから、社員の過半数が「オートデスク社は社員の健康を大切に思っている」と感じているとのことです。

(9)セールスフォース・ドット・コム
従業員数 7785人 売上16億5000万ドル
GPTW27位(2012年)

驚きアメリカ版グレートカンパニー視察ツアー2012 【3日目】

セールスフォース・ドット・コムは、“クラウド”環境による“ソーシャルエンタープライズ”が同社の事業ドメインです。1999年3月に創業。創業者は元オラクルの役員。現在は創業11年ですが急成長を遂げています。顧客数100,000件を超えています。日本法人の従業員は500名。今やアメリカの次に大きな売上をつくる存在となっています。GPTWにも取り組んでおり、2011年は52位であったのに対して2012年は27位と急成長しています。

驚きアメリカ版グレートカンパニー視察ツアー2012 【3日目】

同社の特徴的な取り組みを、一部以下でご紹介します。

・「One-One―One」ルール
これは社員の就業時間の1%をボランティアの時間に、利益の1%を寄付、製品の1%を非営利団体に無償で支給するというもの。創業当初は当然利益も出ていなかったが、それでも最初からこのルールを設けていました。

(10)シスコシステムズ
従業員数 71,825人 売上461億ドル(約3兆2270億円)
GPTW90位(2012年)

驚きアメリカ版グレートカンパニー視察ツアー2012 【3日目】

同社は、ルーターなどネットワーク機器を製造しています。同社の使命は、ネットワークにおけるプラットフォームを提供すること。特に今後重視しているのが、クラウドへの対応。全てのデータセンターの3割以上がクラウドとなっています。また、競争力を保つために、毎年売上の10%以上を研究開発に投資していることも特徴的です。社員がボランティアに費やした時間分、会社が手当てを支給するなどが特徴的な取り組みです。

驚きアメリカ版グレートカンパニー視察ツアー2012 【3日目】

視察ツアーは4日目に続きます。

▼▼詳しくはこちら
繁盛店視察クリニックツアー

勉強会・セミナー開催レポート

>>勉強会・セミナー”実況中継” クリニック 一覧へ
>>勉強会・セミナー”実況中継” 一覧へ




お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ