2012年8月3日

オートビジネス経営研究会エリアサークル(札幌会場)」が行われました。会場は、ガーデンシティ札幌 きょうさいサロンです。
オートビジネス経営研究会エリアサークルには、北海道に本拠地を置く企業様の参加が増えてきましたので、札幌会場を開催することとなりました。
当日は道内から会員様の皆様にお集まりいただきました。

午前は、エリアサークル会員企業様限定の特別講座「はじめよう中古車販売!失敗しない立地選び!」をオートビジネス支援部菊池がお話しました。

内容を以下に一部ご紹介します。
立地選定の際の見るポイントは
(1)商圏人口が確保できるか?
(2)地域一番規模で出店できるか?
(3)車検工場が併設できるか?
(4)ローコストで出店できるか?
という、主に4点です。
立地診断の際は、これらが全てクリアできれば一番よいですが、必ずしも、全て満点という場所だけではないです。一つの項目が強みとなっている立地であれば、出店は可能です。見極め方など、約10社の事例を元にご説明しました。


午後は、「最新事例紹介」と題してお話しました。

オートビジネス経営研究会エリアサークル 札幌会場

午後の講座の内容は以下の項目です。
(1)軽新車・未使用車の業績アップ
(2)軽中古車の業績アップ
(3)整備の業績アップ

一部、講座の内容をご紹介いたします。
単品1番化で自動車を50~100台とたくさん販売する。単品1番化とは、「この商品だけはどこにも負けない」という商品を作ることです。その場合は、必ず地域でも一番競争力があり、お得な商品にします。
単品一番化すると、以下のメリットがあります。
・営業マンが迷うことなく、売る商品が決まる
・単品を販売するための営業トークの精度が上げられる
・商談スピードのアップ
・単品だけの特別企画でさらに販売数アップ
などです。自動車の大量販売(量販化)に成功しているお店と、月間10~20台販売でそれ以上伸びないお店の一番の違いは、この単品一番化という考え方を現場に落としこめているかどうかとなります。
具体的事例をもとに、お話させていただきました。

オートビジネス経営研究会エリアサークル 札幌会場

最後は、情報交換会を実施しました。

以下、当日では事例を一部ご紹介いたします。
・目標の明文化を行い、ほぼ目標通り実績が推移している。2年前に目標設定した。
 当時、年商10億円という一つの基準を設定し、そこから逆算して、毎月の目標を
 立てた。目標の見える化、進捗状況を毎月、見える化していくことで、念願の年商10
億円はほぼ達成。現在は次の目標に向かっている。事業計画を立てる重要性が分かった。

オートビジネス経営研究会エリアサークル 札幌会場

事業計画の立て方などについては、議論が深まりました。

当日はご参加の皆様、ありがとうございました。
次回エリアサークル札幌は11月1日(木)です。次回もお会いできることを楽しみにしています。

お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ