2012年6月19日

2012年6月度「オートビジネス経営研究会」

2012年6月度「オートビジネス経営研究会」が行われました。
場所は船井総合研究所東京本社です。
当日は、全国から自動車販売業、自動車整備業に携わるオートビジネス経営研究会会員のうち約50社80名以上の経営者・経営陣の方々にお集まりいただきました。
 
午前中の第1講座では、執行役員で上席コンサルタントの中谷より「最近の事例より」と題してお送りしました。
内容は、
(1)ここ3ヶ月(4~6月)の現状と補助金終了後の対策
(2)2012年7月から向こう3~4年間の需要推移イメージと方向感について
(3)意識改革・行動変革を実現する手法
その中から、一部詳細内容をご紹介いたします。
ここ3ヶ月の現状としては、
・補助金+チラシ拡大で自動車1~1.5時間圏は商圏に
・目玉車が使命で売れなくなった(売れ残る)
・小型店(2番店以下)が本当に厳しくなった
また、補助金終了後の対策としては、
・通常販促の頻度、枚数に戻す
・とにかくプライスを見直す
・「即納」「お値打ち」「選べる」未使用車専門店
・イベントの大きさに応じてナビプレゼントをプラスしていく
・既存客向け催事の企画、実施
・在庫を年末に向けて貯め込んで行く
その他にも、近未来の集客方法、収益部門づくり、採用・教育・評価制度など、業績を伸ばし続けるための経営戦略を、ご確認いただきました。

2012年6月度「オートビジネス経営研究会」

第2講座は、上席コンサルタントの小平より「最近の支援事例より」と題してお送りしました。
内容は主に、
(1)非常識な売場づくり
(2)単品突破型商品づくり
(3)グレートカンパニーづくり
についてお伝えしました。
結局は、自動車専業店舗に対し、お客様は新車を買いに来るわけではないので、未使用車の大量在庫・大量販売型の店舗が強い傾向があります。そのためには、「単品の最大販売が20~30%を目指す」必要があり、在庫も30~40%超を目指すことが必要になります。
また、売場も店舗の状況によって下記のパターンが必要になるかもしれません。
・同路面の展示車は内側に向けて陳列
・回遊性を無視した、途中通路&追い込み漁型売り場づくり
・入店率を上げる、遠方駐車場作戦

2012年6月度「オートビジネス経営研究会」

その他業績をアップさせる施策について多数お伝えさせていただきました。
 
第3講座は、経営コンサルタントの小梢より「既存客の車検入庫率アップ」と題してお送りしました。
内容は、
(1)車検満了7ヶ月前の名簿精査会議
(2)車検満了6ヶ月前に見込み度に応じてアプローチを変える
(3)車検入庫促進トーク勉強会

車検入庫率が悪い会社さんは自社の強みや、他社との差別化をしっかりと認識できていないことが要因として挙げられます。勉強会では「お客様から断られる言葉」「切り替えしトークを考えよう」「うちの強み」という題材で話し合い、まとめることで電話トークを強化することができます。自社独自の内容にすることで、電話や接客時の防衛率を高くすることが可能になります。
 
午後は、「情報交換会」です。
弊社コンサルタントがファシリテーターを務め、会員様同士が、直近の業績や施策に関して情報交換をしました。

2012年6月度「オートビジネス経営研究会」

5~6月においても好調の店舗・企業の施策、車検台数・単価を伸ばしている店舗の施策、鈑金を伸ばしている店舗の施策や、エコカー補助金の対策、今後の戦略、そして教育についてなど各社の成功事例を多数共有し、お互いに良い施策を取り入れていただきました。

最後は、約50社の事例の中でも、選りすぐりの成功事例を全体で共有しました。一部下記をご紹介します。
・ローン72回以上比率の個人別管理で72回超が75%にローンバック台当り前年比6万円以上アップ
・燃費比較表の燃費差をプライスの上乗せに使い、ローン比率アップ
・チラシ全域配布で新規来場アップ
・テレビCMの徹底で成約率10%アップ、来場数20%アップ

すぐに実践できることも多く、充実した情報交換会だったのではないでしょうか。
次回のオートビジネス経営研究会は7月24日(火)に淀屋橋セミナープレイスにて行います。
次回のご参加も心よりお待ちしております!

お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ