2012年6月6日

6月6日は「第20回 オートビジネス番頭塾」を行いました。
会場は、船井総合研究所東京本社です。
こちらは自動車販売店・整備工場の社長の右腕である番頭を育成するための勉強会です。
開催当日は、全国各地から約25名の番頭の皆様にお集まり頂きました。

第一講座は、船井総合研究所上席コンサルタント小平より、「番頭が行う業績アップ」についてお伝えしました。

内容は以下に一部ご紹介いたします。

■差別化の8要素
■強者の戦略・弱者の戦略
■一点突破全面展開
■長所伸展
■圧縮付加法

「第20回 オートビジネス番頭塾」

例えば、中小企業である弱者の戦略は“一点突破”がカギとなります。競合の包み込みを1つの部分に集中し、その部分で打ち破り、差別化を作り出していく戦法です。弱者であっても、戦力を集中させれば強者を打ち破ることも不可能ではありません。

具体的な例を挙げますと、大手自動車メーカーは、低価格の小型車から高級セダンまで扱っておりフルラインを充実していまあす。一方、下位の自動車メーカーは、同じことをしていては、負けてしまうのでターゲットを絞ったり、車種を絞ったりし、経営資源を集中させて対抗しています。

このように、中小企業においても、大手に負けずに、業績を伸ばすことができる手法を知ることが重要であるとお伝えしました。

「第20回 オートビジネス番頭塾」

第二講座は、ゲスト講師をお迎えし、弊社オートビジネス支援部菊池とパネルディスカッションを行いました。大阪府に拠点を持つ、軽自動車専門店、車検専門店、鈑金専門店、レンタカー店を展開されている企業様です。新卒採用にも力を入れられています。ここ5年で年商2倍になっている会社様で、社長を支える番頭役の方へお話を伺いました。

新人育成のポイントとして

(1)インセンティブに頼らない給料体系
(2)新入社員は1年間寮に入寮する
(3)メンター制度を採用しており、新人一人に対して先輩社員一人が教育係としてつく
(4)ミーティングを多くすることで、情報共有、方向性のすり合わせを行う

ということをお伝えいただきました。

「人を育て、良いグループを創り、グループで業績を上げ、会社全体の実績を伸ばす」という番頭の一つの役割を学びました。ご参加の皆さんも非常に熱心にメモを取りながら聞いていらっしゃいました。

第三講座は、オートビジネス支援部チーフコンサルタント藤木より「部下育成」についてお伝えしました。
 
部下の育成には世代に応じたコミュニケーションスキルが求められます。相手がどのような人間なのかを知った上で、部下とコミュニケーションを図り、部下育成することが重要であることをお伝えいたしました。

「第20回 オートビジネス番頭塾」

最後は、時事問題テストを行っています。時事ネタへの関心度を高めていただき、常にアンテナを張っておく習慣をつけていただくことを目的にしています。

「第20回 オートビジネス番頭塾」

次回、第21回番頭塾は2012年8月1日(水)を予定しております。
ご参加いただいた皆様ありがとうございました。
次回も皆様のご参加を心よりお待ちしております!

お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ