2012年5月25日

オートビジネス経営研究会エリアサークル(大阪会場)」が行われました。
会場は、船井総合研究所 大阪本社セミナープレイスです。
当日は関西地方を中心に約30社の会員の皆様にお集まりいただきました。
 
午前は、エリアサークル会員企業様限定の特別講座を「もし、営業マンが自力で「販売台数」「粗利」を安定的に稼ぐ方法があるとしたら」と題してオートビジネス支援部立原よりお送りしました。
内容を以下に一部ご紹介します。

オートビジネス経営研究会エリアサークル(大阪会場)

社長が取り組む営業力アップは2点で、「スキルアップ補助ツール」と「営業力強化施策」の用意です。
「スキルアップ補助ツール」がなぜ必要かというと、個人の能力に頼る昔の営業ではなく、他力・仕組みで補助することが必要だということと、営業マンが営業しやすく戦いやすくすることが社長の仕事であるためです。
「営業力強化施策」がなぜ必要かというと、商談をいきなり実践・経験の場にするのはリスクが高く、独学ではなく、全員で勉強する文化を会社につくることが社長の仕事だからです。
いかに営業マンが売れる仕組みをつくるかどうかが今後の販売台数をアップさせるポイントになってきます。営業マンが稼ぐための仕組み・施策について、現場の成功事例を踏まえて非常に細かくご紹介しました。

オートビジネス経営研究会エリアサークル(大阪会場)


午後の第1講座では小梢より「最新事例紹介」と題してお話しました。
内容は以下の項目です。
(1)視察クリニックより
(2)前回のエリアサークル全国会場発表より
(3)新車・未使用車販売店の業績アップ事例
(4)サンキュッパ業態の業績アップ事例
(5)整備の業績アップ事例
一部、講座の内容をご紹介いたします。

軽39.8万円業態において、前年比120%以上の業績を出す店舗が増えています。
オープン数ヶ月で月間販売台数30台超えの実績を出す店舗や、オープン2~3年目で150%以上の業績アップ、月間販売台数100台が目前の店舗も出てきています。
ポイントは「販促の掲載車(目玉車)」「在庫構成」「粗利アップ」の3つで、特に「在庫構成」で言うと、
・販売構成比の高い車の在庫構成比を高める
・販売構成比の高い車を全色展示する
・同一車種の同一グレードを重ね売り
となります。現在は仕入れが厳しい状況ですので、販売力が付いてくると、今後は安定仕入れが出来る車を売り筋車にする体制にする必要があります。

オートビジネス経営研究会エリアサークル(大阪会場)


第二講座は、菊池より「店舗リニューアル」としてお伝えしました。
店外・店内においてリニューアルにおける代表的な項目は以下の通りです。
<店外>
「ポールサイン」「のぼり」「店舗看板」「お客様駐車場」
<店内>
「ウェルカムボード」「来場プレゼント」「社員紹介」「自動販売機」「納車式の写真」「商談席」「トイレ」「キッズルーム」

ポールサインのポイントは高さ地上10m以上(足6m、看板4m)です。
理由は視認性アップによる集客増、ブランド知名度アップ、取扱商品(何屋か)を伝えることができますので、もしリニューアルの際には一目で分かる大きな看板を建てられることをオススメします。
その他12項目について細かくお伝えしました。

オートビジネス経営研究会エリアサークル(大阪会場)

第三講座は、情報交換会を実施しました。
各社での直近の取り組み事例や個別の相談案件について、弊社コンサルタントを含め会員様同士で意見交換をしました。
GW商戦に好調だった会社、ここ数年で大きく成長する会社、出店計画のある会社など、生の成功事例を聞くことは他の参加者様にも参考になったのではないでしょうか。質問も多く出て、活発な意見交換の時間となりました。
以下、当日出た事例を一部ご紹介いたします。
・駐車場前テント&グリーターによって「電話番号有りアンケート」の回収率87%
・要望別にオススメ車を作って成約率40%以上獲得

当日はご参加の皆様、ありがとうございました。
次回エリアサークル大阪は7月6日(金)です。次回もお会いできることを楽しみにしています。

 

お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ