2012年5月10日

2012年5月度「オートビジネス経営研究会」が行われました。
場所は船井総合研究所東京本社です。
当日は、全国から自動車販売業、自動車整備業に携わるオートビジネス経営研究会会員のうち約50社80名以上の経営者・経営陣の方々にお集まりいただきました。

オートビジネス経営研究会

午前中の第1講座では、執行役員で上席コンサルタントの中谷より「最近の事例より」と題してお送りしました。

内容は、
(1)4月東北クリニックからのエッセンス おさらい
(2)SC出店型 軽自動車専門店について
(3)4~9月の6ヶ月間の戦略ストーリーとポイント
(4)エネルギー事情今後の見通し
   ~船井総合研究所執行役員 環境ビジネスグループ 菊池功
    「省エネビジネスセミナー」より~

その中から、一部詳細内容をご紹介いたします。

SC出店型の軽自動車専門店について、ポイントは下記の通りです。

・自動車専門館ができ、専任者が常時2~3名いる
・バイク、電動乗り物、一部タイヤなどの用品などと同一売場で編集
・営業時間は朝9時~夜10時
・プライス表示はコミコミプライス
などが挙げられます。

もちろんSCの集客力に左右される部分も大きいですが、案件があればこのモデルも検討していただく価値があります。

その他にも、業績を伸ばし続けるための経営・販売・サービス戦略を、ご確認いただきました。

オートビジネス経営研究会

第2講座は、上席コンサルタントの小平より「最近の支援事例より」と題してお送りしました。
内容は主に、
(1)伸びている企業の取り組み事例
(2)新規車検獲得のために
についてお伝えしました。

直近で伸びている企業の特徴は、
 ・紹介増
 ・後追いの徹底
 ・チラシで訴求する3つのキーワード
です。

紹介客を増やす為には「1商談で3回笑わせる」「お礼状&成約後のお礼コール」「紹介する人を具体的にイメージさせる」「紹介クーポンをつくる」などを実施することが重要です。
紹介客を増やしたいとお考えの会社様は、ぜひ営業に取り入れてみてください。

オートビジネス経営研究会

第3講座は、チーフコンサルタントの渡邊より「軽39.8万円専門店の近況」と題してお送りしました。

内容は、
(1)軽39.8万円専門店の実績
(2)軽未使用車専門店との併設型が増えている理由と成功のポイント
(3)最近の販促ポイント
(4)仕入れ基準
(5)追加整備の提案数アップ
です。

軽未使用車専門店との併設型店舗が増えている理由は、「車検台数をアップさせる為には徹底して販売台数を伸ばすことが大事な為」「集客面での相乗効果がある」「軽未使用車の低価格車輌の不足」などです。

やはり、今販売を伸ばせる時期に徹底的に伸ばすことで、今後収益の主軸を担う車検の台数を伸ばすことが可能になります。
他にも軽39.8万円専門店の業績アップの方法として詳細の施策ご紹介いたしました。

オートビジネス経営研究会

午後は、「情報交換会」です。

弊社コンサルタントがファシリテーターを務め、会員様同士が、直近の業績や施策に関して情報交換をしました。

3~4月においても好調の店舗・企業の施策、車検台数・単価を伸ばしている店舗の施策、鈑金を伸ばしている店舗の施策や、GWにおける取り組み、今後の戦略、そして教育についてなど各社の成功事例を多数共有し、お互いに良い施策を取り入れていただきました。

最後は、約50社の事例の中でも、選りすぐりの成功事例を全体で共有しました。すぐに実践できることも多く、充実した情報交換会だったのではないでしょうか。

次回のオートビジネス経営研究会は6月19日(火)に行います。
次回のご参加も心よりお待ちしております!

お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ