2012年3月27日

2012年3~4月度「オートビジネス経営研究会エリアサークル(東京会場)」が船井総合研究所東京本社にて行われました。

当日は、関東及び首都圏のオートビジネス経営研究会会員のうち30社以上の経営者・経営陣の方々と10社以上のパートナー会員様にお集まりいただきました。

オートビジネス経営研究会エリアサークル(東京会場)

第一講座は最新の事例を弊社のチーフコンサルタント渡邊よりご紹介させていただきました。

内容を以下に一部ご紹介します。

新車販売を強化する方法として、納期が早い色のものから販売していくことが大事です。その方法として、まず週二回納期の早い色を各ディーラーにヒアリングし、最新の情報を取り入れ、その情報を朝礼などの時間に社内で共有すること。そして営業マンの納車待ちの件数をできるだけ減らすことが大事であるとお伝えしました。その他にも整備商品単価の見直しや、車検単価UPのための取り組み事例から業績アップの為のノウハウをご提供させていただきました。

さらに、サンキュッパ業態の業績アップ事例として、商談のスピードアップの手法や、そのためのトーク術をご紹介しました。また、車検の経験客へのご案内DMの見本とその集客効果を数字に基づいて整備商品価格テーブルを使い、自社の特性や地域に合わせた価格設定の仕方についてもご説明させていただきました。

第2講座も引き続き渡辺より「実践業績アップ講座」を開催いたしました。 この講座は今期より新たなカリキュラムとして加わったもので、3月~4月度はデータ管理・コンプライアンスをメインのテーマとしてお送りいたしました。

内容は以下の項目です。
 (1)月次決算を出す
 (2)部門別損益を出す
 (3)販売集計表を出す
 (4)販促効率を出す
 (5)MD管理表を出す
 (6)車検防衛率を出す
 (7)車検単価を顧客別に出す

業績を上げるために必要なデータの管理のしかたをそれぞれのメリットとデメリットとを挙げながら、ひとつずつ項目に事例を用いて紹介させていただきました。会員の皆様は自社の管理体制と他社の取り組み事例を比較しながらディスカッションを踏まえて効率のよいデータの管理方法を模索していらっしゃいました。

オートビジネス経営研究会エリアサークル(東京会場)

第3講座では情報交換会を実施しました。

各社での最近の取り組み事例や個別の相談案件について、弊社コンサルタントを含め会員様同士が意見交換をしました。

オートビジネス経営研究会エリアサークル(東京会場)

ひとつある会社様の事例を以下にご紹介いたします。

【既存客の車検入庫率アップ~客層別に車検入庫促進DMを変えて入庫率アップ】

・車検満了4ヶ月前のご案内方法を2種類分けて、入庫率アップ
・既存客の車検入庫率は70%弱を推移しており、車検の入庫率は安定している
・既存客の分類をしてみると、車検経験のある既存客は86%と入庫率は高い(ほとんど他社の車検に流れていない)
・一方、車検未経験の既存客は16%と低かった

オートビジネス経営研究会エリアサークル(東京会場)

業績好調な会社様の生の成功事例等を聞くことで、他の参加者様にとって非常に良い刺激になったのではないでしょうか。質問も多数飛び交い、非常に活発な意見交換の時間となりました。

これからも会員様方に有益な情報提供をさせていただきたく思います。

今回も多くの会員様にご参加いただき誠にありがとうございました。次回エリアサークル東京は5月22日(火)です。次回も皆様にお会いできることをスタッフ一同楽しみにしております。

 

オートビジネス経営研究会 エリアサークル
【東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・札幌】にて開催!
今だけの特別企画◇無料お試し参加受付中です!
ご興味を持たれた方は是非この機会に一度ご参加ください。

▼▼詳しくはこちら
オートビジネス経営研究会 エリアサークル

勉強会・セミナー開催レポート

>>勉強会・セミナー”実況中継” エリアサークル東京 一覧へ
>>勉強会・セミナー”実況中継” 一覧へ




お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ