2012年3月2日

2012年3月度「オートビジネス経営研究会」が行われました。
場所は船井総合研究所東京本社です。
当日は、全国から自動車販売業、自動車整備業に携わるオートビジネス経営研究会会員のうち約50社80名以上の経営者・経営陣の方々にお集まりいただきました。
会員企業様が増えたことにより、レイアウトも変更して開催させていただきました。そのためお客様にかかるストレスも軽減され、会に集中していただけたのではないでしょうか。

2012年3月度「オートビジネス経営研究会」

 
午前中の第1講座では、執行役員で上席コンサルタントの中谷より「最近の事例より」と題してお送りしました。
内容は、
(1)高収益の一人勝ち一番店づくりの実証済の押さえどころ
(2)自動車はテレビ通販で売れるのか?
(3)弊社執行役員 菅原祥公の社内講話「3つの市場変化・時流と5つのマーケティング施策」より
(4)マーケティングの変化
世の中のマーケットはどの業界も縮小傾向にあります。だからこそ、各地域において勝利する企業は圧倒的一番(一人勝ち)になっていることが多い状況ですので、企業がすべきことは、圧倒的一番店を目指すことです。そのための施策の一部をご紹介しますと、
(1)本店は隣地を買ってでも広げる
(2)デカ看板は集客効果大
(3)在庫の前年比増
(4)チラシ回数・枚数の前年比増
(5)エリアで一店ずつ一番規模を取る
となります。
その他にも、業績を伸ばし続けるための経営・販売・サービス戦略を、ご確認いただきました。

2012年3月度「オートビジネス経営研究会」

第2講座は、上席コンサルタントの小平より「最近の支援事例より」と題してお送りしました。
内容は、これからの販売戦略として
(1)新車“量販”体制構築のために
(2)“新”繁忙期対策
(3)販売に際しての規約対策
(4)決算期における対策

についてお伝えしました。

特に、これからの繁忙期に販売台数を増やすための方法についてご紹介しました。
(1)席数を目いっぱい増やす
(2)見積りパターンの準備
(3)分業化
(4)日別・個人別・車種別目標台数の設定
これら4つのポイントを意識して商談・営業を実施することで、販売台数アップにつながります。
ぜひ営業に取り入れてみてください。

2012年3月度「オートビジネス経営研究会」

第3講座は、経営コンサルタントの小梢より「車検単価アップ」と題してお送りしました。
内容は、
(1)会員企業様の近況より
(2)追加整備商品の価格見直し
(3)追加整備メニューの再設定
(4)追加整備の受注率アップ
(5)追加整備の提案数アップ
です。
お客様の車検部門の収益アップの方法として詳細の施策ご紹介いたしました。

2012年3月度「オートビジネス経営研究会」

午後は、「情報交換会」です。

弊社コンサルタントがファシリテーターを務め、会員様同士が、直近の業績や施策に関して情報交換をしました。
2月においても好調の店舗・企業の施策、車検台数・単価を伸ばしている店舗の施策、鈑金を伸ばしている店舗の施策や、繁忙期における取り組み、そして教育についてなど各社の成功事例を多数共有し、お互いに良い施策を取り入れます。


最後は、約50社の事例の中でも、選りすぐりの成功事例を全体で共有します。すぐに実践できることも多く、充実した情報交換会だったのではないでしょうか。
4月は12~13日に繁盛店視察クリニックがあるため、次回のオートビジネス経営研究会は5月10日(木)に行います。
クリニック含め、次回のご参加もお待ちしております!

お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ