2012年2月7日

第15回車検アカデミー

「第15回 車検アカデミー」が行われました。
会場は船井総合研究所 東京本社です。

第1講座では、小平より「船井総合研究所より近況」と題してお話しました。
講座の一部アイテムパワーについてご紹介させていただきます。
人が一目でわかる数字は「3」「30」「300」・・・です。また一目で多いと感じる数字は「7」「70」「700」・・・です。これを自動車屋さんに置き換えると、在庫が30台なければお客様に車屋と認知されません。一方地域一番店と呼ばれる車屋は300台以上の在庫を所有しています。はっきりと見せたい場合は3でまとめる。これは多いなと思わせたいときは7でまとめる事がポイントです。
また、ベテランスタッフや部門長は変化を嫌う方が多い傾向にあるが、どの部門に割り当てられても統括できる知識とマネジメント力を持ち合せ、変化に対応する力が次世代の部門長を目指す上で非常に重要になります。

第15回車検アカデミー

第2講座では小梢より、「既存客集客」と題してお送りしました。
既存客集客のためには、既存客の客層を自社に合わせて分類し、客層ごとに車検入庫促進方法を変え、車検入庫率を上げることが可能になります。詳細な事例を挙げながらお伝えいたしました。
また、3月の車検繁忙期に最も効率よく車検台数を獲得するための対策としては、「スタッフの休暇をずらす」「営業時間の延長」「技術のいらない業務の分業化」などの施策を実施することで、繁忙期に最大限車検台数を獲得することができます。

第15回車検アカデミー

第3講座では情報交換会を2グループに分かれて行いました。
各社での最近の取り組み事例や個別の相談案件について、弊社コンサルタントを含め会員様同士が意見交換をしました。
実際に参加された企業様の発表内容を少しご紹介いたします。
新規客向けにはチラシの折込だけでなく、TVCMや店頭配布を組み合わせたりすること、既存客向けにはDM・はがきだけでなく電話での後追いコールを実施する事で、車検予約が電話で取れたりと入庫率アップに大きく貢献しております。

第15回車検アカデミー

最後は、参加企業様の事例の中でも、選りすぐりの成功事例を全体で共有しました。

当日はご参加の皆様、ありがとうございました。
次回の車検アカデミーは4月5日(木)です。次回もまた皆様にお会いできることを楽しみにしています。

お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ