2011年10月28日

「第24回 オートビジネス経営研究会エリアサークル 東京会場写真


「第24回 オートビジネス経営研究会エリアサークル(大阪会場)」が行われました。会場は、船井総合研究所大阪本社セミナープレイスです。
 
午前は、エリアサークル会員企業様限定の特別講座を「“社長が行う"来場客の成約率を40%超にする方法 大公開!」と題してオートビジネス支援部菊池よりお送りしました。
内容を以下に一部ご紹介します。
【営業のロールプレイングの徹底】
■「お出迎え」
■「展示場ご案内」
■「試乗誘導」
■「入店誘導」
■「見積り説明」
■「即決誘導」
■「キャンセル防止対策」
と、営業フローを一つずつ分解して考え、それぞれ個別にロールプレイングを行う重要性についてお伝えしました。

朝礼前の30分間または平日の日中の時間などを活用し、営業マン一人ずつお客様と営業マン役になり実施し、体で覚えるまで続けます。
また、重要なポイントとして、最終チェックを社長自身に行っていただくようにお伝えしました。


午後の講座は、渡邊より「近況と最新成功事例の紹介」をお送り致しました。
内容は、以下の項目でお送り致しました。


■10月6~7日繁盛店視察ツアーまとめ
■新車・未使用車販売店の業績アップ事例
■39.8専門店の業績アップ事例

また、菊池より以下の項目でお話致しました。

■整備の業績アップ事例
■アフターフォロー施策

「第24回 オートビジネス経営研究会エリアサークル 東京会場写真


内容を一部ご紹介いたします。

「ファン作り」についてです。
船井総合研究所では固定客化と伝えております。

車販店の場合、お金を使わないファン作り策として、「納車式」があります。

お客様にとって気持ちが最も高まるのが、納車のタイミングです。
担当の営業マンを初め、店舗スタッフがお客様の納車をお祝いします。
お客様にとっても自店に対して「良い印象」が残り、「また自社に来たい」と思っていただけるのではないでしょうか。

「第24回 オートビジネス経営研究会エリアサークル 東京会場写真

納車式については、全社員を巻き込んで取り組んでいただくようにお伝えしました。


最後に情報交換会を行いました。

各社様の近況、取り組みイベント、成功事例の共有を行いました。

各社様の取り組みに関して、弊社コンサルタントおよび会員様同士でアドバイスする場面も多く見られました。
今回、ご参加の会員様より出していただいた事例を、ひとつご紹介いたします。

・車販と車検、鈑金を行っている企業で、今年に入りサービス部門が好調に推移している。伸びている部門をさらに伸ばすために、車検のチラシを配布し入庫につなげている。サービス部門の収益で総経費カバー率が約50%を超えてきている

本日は、積極的な経営者の皆様にお集まりいただき、活気に満ちた時間を共有することができました。

「第24回 オートビジネス経営研究会エリアサークル 東京会場写真
「第24回 オートビジネス経営研究会エリアサークル 東京会場写真

エリアサークル大阪会場は当日が今年最後の例会でしたので、講座終了後は、懇親会を行いました。


次回は12月6日(火)オートビジネス経営研究会 会員総会(東京)となっております。再びお会いできることを楽しみにしております。ご参加者の皆様、誠にありがとうございました!

お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ