2011年4月7日(木)

第10回 車検アカデミー 写真

第10回 車検アカデミー」が行われました。

会場は、船井総合研究所東京本社です。

第一講座は小平より「船井総合研究所より近況」と題してお話いたしました。


繁忙期を追えて、生産性を目一杯上げる方法として、短時間車検中心型の企業様と、1日車検集中型の企業様がいらっしゃる中で、この両方の手法をうまく使い分けることが重要だとお伝えしました。
 
繁忙期を上手にまわすには、
新規および車検のリピート客は短時間車検中心型、
車販顧客の車検リピートは1日車検で行うことが
最も効率よく車検を行うことができます。


さらに、これらを効率よく進めていくために欠かせないのは
・1日車検型+短時間車検型:予約獲得をするフロント力強化
・短時間車検型+1日車検型:コントロール力強化
が重要だということも合わせてお伝えいたしました。


繁忙期に向けて日頃から意識していっていただければと思います。

第10回 車検アカデミー 写真

第二講座は小梢より、「単価アップ施策」と題してお伝えいたしました。
単価アップするために必要な7項目をご紹介いたします。

(1)2段階提案
(2)整備品目の見直し
(3)パック販売
(4)過去車検履歴を事前把握
(5)お出迎え100%
(6)オリジナル提案基準
(7)スキルアップ勉強会
以上7項目を講座の中で詳しくご説明いたしました。
 
まず、部門長として意識していただきたいことは
単価アップする仕組みをつくること ⇒ 実行に移す ⇒ 定着
だということをお伝えしました。

各シーンのキモどころをおさえ、
スタッフ全員で単価アップを図ることが求められます。

第10回 車検アカデミー 写真

第3講座はご参加者様全員による
情報交換会」を行いました。

今回は事前に自社の車検単価と車検時の追加整備額などをご提出していただいていたため、そちらに沿って交換会は進行していきました。


実際に参加された企業様の発表内容を少しですがご紹介いたします。

・期間を設けた割引チラシで94件の車検予約を獲得
⇒平日入庫最大1万円割引チラシ
⇒3週分:12万枚を配布
⇒94件の車検予約を獲得した
・車検ご案内電話の強化
⇒(具体的内容)
(1)その日の目標を作成
(2)目標に沿って進捗を確認
(3)その日の最後に達成具合を確認
(4)顧客リストの作成
⇒(結果)まだ始めたばかりですが、車検防衛率が10%以上アップ
 
また、今回の講座を踏まえて、
早速自社で取り組みたいことを発表していただきました。


今月の取り組みの結果に加え、
来月以降も素晴らしい取り組み事例が聞けることと思います。


次回の車検アカデミーは6月7日(火)開催予定です。
皆様にまたお会いできますことを楽しみにしております。
本日ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ