2011年4月6日(水)

第13回 オートビジネス経営研究会 オートビジネス番頭塾 写真

「第13回 オートビジネス経営研究会
オートビジネス番頭塾
」が行われました。


会場は、船井総合研究所 東京本社です。

まず初めに小平より、前回の復習として
「良い指示の出し方」「経営数値」をお話いたしました。

第一講座は「番頭の役割」と題してお話いたしました。

今回は事前に皆様に
「もし高校野球のマネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」をお読みいただき、ご参加いただきました。

この「もしドラ」に沿って講座を進めてまいりましたが、
番頭が行うべきマネジメントを大きく3つご説明いたしました。

(1)マーケティングに取り組む
  →例)マーケティングはとにかく傾聴、とことん聞く
(2)働く人たちに成果をあげさせる
  → 例)良いフィードバックを与える
(3)人を生かす、強みを発揮させる
  →例)長所を長所と認めさせる、長所を気づかせて意識づけをする

こちらをお伝えした上で、講座の最後に、
年齢が3つ以上離れている部下の方の長所を1分以内に書けるだけたくさん書き出していただきました。

まず、長所を見つけてあげることが重要です。
見つけなければ伸ばしてあげることができません。

もし番頭だけで分からない場合には、他の人に聞いても良いので、
まずは見つけることです、とお伝えいたしました。

 

そして、第二講座ではゲスト講師をお迎えしてお送りしました。

販売15店舗以上、車検整備国土交通省指定7工場、認証工場・鈑金塗装工場を数箇所、介護ショップ、中古カー用品店を経営されていらっしゃる会社さんで、
年間販売台数6,000台強、年間車検台数25,000台強を行っておられます会社の番頭さんにお越しいただきました。

参加者の皆様から講師への質問を数点ご紹介いたします。

Q:会社の朝礼の元気があるかないかで、業績が変わってくると思っています。
モチベーションを高く始めるには、経理部などお客様と接点がなく、
モチベーションがなかなか上げにくい部署は、朝礼を作っていく上でどのようにすれば良いのでしょうか

A:おっしゃる通りで、今、私が本社に勤務になっているので、そこにさらに力を入れているところです。経理課、登録課、など各課があるのですが、今までミーティングをしなかったのですね。

全課、毎朝ミーティングをさせるようにして、
全部のミーティングに私が入るようにしています。

そして、進捗表を作らせ、今日はその進捗表通りに進んでいるかどうか、
自分たちの仕事を見える化しています。

第13回 オートビジネス経営研究会 オートビジネス番頭塾 写真

見える化すると、ちゃんと今日は何をすべきか、報告すべきことはあったかなど、必ずすることがあるんだよ、ということを伝えています。

そして、明日の朝礼では「○○をします、とちゃんと言ってね」と伝えています。

そうすると残業が減ってくるのですね。
そういった改革を私は進めています。

Q:出店の際に気をつけていることは何ですか、教えてください。

A:お客様対応力です。弊社の中には挨拶の基準というものがあるのですが、
お出迎え、お見送り、店内ウェイティングの時など、全部ルールがあって、
社内でも色々とDVDをつくったりしています。

まずはこの徹底です。新規出店はこれを注意しています。

あとは、かなり細かい計画を立てています。
そうでないと「新店舗だから」という考え方になってしまうのですね。

「新店舗なのに」という考え方でないといけないのです。

計画を立てると明確な行動策が出ますので。
そこはしっかりと抑えて、気分をしっかりと乗せていきます。

とても熱いお方で、「仕事」ではなく「志事」というお言葉をお話いただきました。
受講者の皆様にとても響いたようです。

第3講座は小平より「番頭が行うべき業績アップ」と題してお伝えしました。
まず初めに、船井流の考え方を学んでいただきました。

例えば、一番になるには
(1)客層
(2)商圏エリア(商売の範囲)

(3)商品
を決定し、差別化を図ることであり、
差別化には大きく戦略的差別化と戦闘・戦術的差別化の2つがあります。

第13回 オートビジネス経営研究会 オートビジネス番頭塾 写真

この2つをさらに細分化したものを、
「差別化の8要素」と呼んでいます。

今回は主にワークを中心に進めていただき、
番頭という立場で業績アップをするには
どうしたら良いのかを具体的にお伝えし、
考えていただきました。

例えば時期によって人員配置を変更する、
オペレーション方法の変更を行うことで繁忙期・通常期の過ごし方が異なることなどをお伝えしましたが、まずは現状ご自分の会社がどのような体勢をとっているのかを再確認していただきました。
その上で、今回の講座内容より自社に本当にあったオペレーション体制をつくっていただきたいとお伝えしました。

次回は6月8日(水)となっております。
再びお会いできることを楽しみにしております。
ご参加の皆様、誠にありがとうございました。

お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ