page top

このサイトは(株)船井総合研究所【東証1部上場(株)船井総研ホールディングス】のオートビジネスグループが運営しています。

船井総研オートビジネス経営研究会

電話番号03-6212-2931 お問い合わせ マイページ 【担当】アサノ・イノウエ【受付時間】平日9:00~17:30

事務局だより

オートビジネス経営研究会の事務局スタッフが日々の活動を通して、ルール化した事をお届けします。
自動車販売店・整備工場のスタッフの皆様にもお役立ていただけますと幸いです。

No.14 お見送り

皆様こんにちは。 船井総研、研究会事務局の井上です。 オートビジネス研究会では、先週、年に2回の大イベント、 繁盛店視察クリニックを行いました。 過去最高の255名のご参加者様と一緒に 関西のモデル店を視察してまいりました。 普段、研究会でさまざまな取組をお聞きしていますが 百聞は一見にしかず、 目の前で店舗の作りや社員の皆様の動き方を見せていただき 改めて気づくことがたくさんありました。 さて、 …

No.13 最後までお見送り

おはようございます。オートビジネス支援部事務局の森です。船井総研には「親身法」という言葉があります。その一つの例として、相手が見えなくなるまでお見送りをする、必ず、お客様が視界から消えるまで笑顔でお見送りをするというものがあります。これは不思議なもので、お客様も背中で我々の”気”を感じているようなのです。お客様が見えなくなるまで、立って見守っていると、最後にちらっとお客様が振り返るのです。そしてお …

No.11 気持ちのいい謝罪

事務局スタッフの井上です。 東京は、すっかり春めいてきました。 近所を散歩していても、色々な花が咲いて 心躍る季節です。 さて、今日のテーマは、「気持ちのいい謝罪」です。 以前、少し良い旅館に泊まったときのこと。 朝食のご飯に、箸の先が入っていました。 すぐに係りの方が気づいて、お櫃ごと交換してくださったのですが 配膳の責任者、料理長がすぐに謝罪にきて お詫びにと、フルーツを出してくださいました。 …

No.10 修行に行く

おはようございます。オートビジネス支援部事務局の森です。早速ですが、日頃の業務がマンネリ化してきた、ミスが多くなってきた、改善したいのにどうしたら良いかわからない、ということはないでしょうか?そんなときにおススメしたいのが、他のスタッフのところへ修行に行くことです。思い切って、会社を飛び出すことも大いにありだと思います。社長に相談して、同業種の会社さんへ一日修行、研修、見学させてもらうことはかなり …

No.8 季節を感じる

みなさん、こんにちは。 研究会事務局の井上です。 東京は、晴れた日は、寒さがやわらいで、春が近づいていることを 感じられるようになってきました。 一昨日は、ひな祭りでしたね。 私が住んでいるマンションでは、 大家さんが玄関に、小さな雛人形を飾ってくださっていました。 3月3日は、会議日で、社員が全員出社していましたが ベテランの女性社員の方が、女性スタッフに 桜餅をふるまってくれました。 若いスタ …

No.7 自責の考えを持とう ~中古車販売店スタッフに向けて~

おはようございます。オートビジネス支援部事務局の森です。今日は「自責の考えを持とう!」についてお話します。(事務スタッフの)皆さん、こんな場面に遭遇したことはありませんか?————————————————&# …

No.5 経費意識

みなさん、こんにちは。 研究会事務局スタッフの井上です。 さて、本日は、「経費意識」についてです。 船井総研では、文具一つ、コピー1枚でも、誰がいくつ使ったかを記録して 経費の振り分けを行っています。 文具棚には、一つ一つの価格が、貼り付けてあります。 必要なものを取り出したら、名前と取り出した数を記入しなければなりません。 はじめのうちは、「面倒だし、細かいなぁ」と思いました。 でも、よくよく考 …

No.4  誰が見ても分かるように、ひと工夫

おはようございます。オートビジネス支援部事務局の森です。さて、突然ですが、こんな経験をしたことはないでしょうか?———————————-いつもAさんが管理している、売上管理表を、突然上司が「去年の2月の売上表を今すぐ見たい」と言い出した。でもAさんは今日はお休み。でも …

No.2 一日の振り返りを書きだそう!

みなさん、おはようございます!船井総研スタッフの井上です。毎日寒い日が続いていますね。外でお客様を出迎えたり、車まで案内しなければいけない車屋さんの社員さんは、辛い季節かもしれません。温かいものをしっかり食べて、お体を大切にしてくださいね。さて、今回は、「一日の振り返りを書きだそう!」というお話。船井総研では、多くの部署で「日報」という一日の業務報告を行っています。今日行った業務や、今後の仕事、担 …

No.1 余裕をもって、一日の仕事を始める

こんにちは。オートビジネス支援部 事務局の森です。トップ(=経営者)は社内の誰よりも朝早く出社したほうがいい、とはよく言われる話ですが、スタッフも始業時間に余裕をもって出社することをおすすめします。始業時間前は、お客様がいらっしゃらないことと電話が鳴らないため幾分か静かです。 メールチェックや届いたFAXの確認も集中してできます。さらに、その日一日に自分が何をしなければいけないのか、優先順位をつけ …