page top

このサイトは(株)船井総合研究所【東証1部上場(株)船井総研ホールディングス】のオートビジネスグループが運営しています。

船井総研オートビジネス経営研究会

電話番号03-6212-2931 お問い合わせ 【担当】アサノ・イノウエ【受付時間】平日9:00~17:30

コンサルタントコラム

あなたの中古車販売・整備工場・軽自動車・車検・人財採用・育成の秘訣を伝授します!
オートビジネス研究会会員は、北海道から沖縄まで約300社!選りすぐりの成功事例をコンサルタント達がルール化し、発信していきます!

4月以降に整備部門で取り組むべきこと

淵上幸憲
淵上 幸憲

2017年3月31日

2017年も3月が終わり、4月からのスキルアップ時期に差し掛かろうとしています。
皆さまの会社様では4月から新しいメンバーも加わり、新体制になろうとしている頃ではないでしょうか。一方で、そんな時期は“即戦力化体制づくり”が重点テーマに置かれる時です。

新規の車検台数を1.3倍にする手法

淵上幸憲
淵上 幸憲

2017年1月18日

いつもブログをお読みいただいている皆さま。明けましておめでとうございます。
2017年度もすでに半月が経過しておりますが、整備部門の業績はいかがでしょうか。
特に2016年度は新規の車検台数を増やすことに苦労された会社様も多かったのではと思います。
そこで今回は、2016年度に多くの新規車検を獲得することができた会社様の成功事例をご紹介いたします。

今なら間に合う!整備の繁忙期対策

淵上幸憲
淵上 幸憲

2016年11月10日

2016年も残り2ヶ月。この時期は来年の繁忙期対策に注力している会社様は多いのではないでしょうか。
一方で、繁忙期対策の具体的な手法が分からないといった声も多数お聞きしています。
今回は、残り2ヶ月間で実施できる整備の繁忙期対策をテーマに事例を紹介させていただきます。

これだけ!夏の整備粗利倍増の裏技(ヒミツ)

淵上幸憲
淵上 幸憲

2016年8月19日

2016年も下期に入り、これから上期のマイナス分を下期に詰めていこうと考えている会社様は多いのではないでしょうか。
今回は下期の粗利アップ対策として、いくつかの施策を紹介させて頂きます。

「業績を上げ続ける整備工場が5月から7月に取り組むべきこと」

淵上幸憲
淵上 幸憲

2016年5月30日

4月以降から閑散期に入り、車検台数を減ってきているのではないでしょうか。
収益面で見ると、ピンチという捉え方も一理ありますが、
業績を上げ続ける会社では、これをチャンスと考えています。

2016年度も成長を続ける整備工場になるための3つの秘策

淵上幸憲
淵上 幸憲

2016年2月26日

さて今回は、2016年度も成長を続ける整備工場になるための3つの秘策を紹介します。

2016年度は、車検到来件数が減少した「2014年問題」から2年後の年です。つまり車検到来件数は極端に少なくなると予想できます。

このような時代には、新規客の獲得が困難になるので、新規客獲得よりも既存客の囲い込みに注力するほうがより効率的に客数を増やすことができます。

さて、皆さまは、既存客の囲い込みを行う上で、高い効果を生む施策はご存知でしょうか。

今回は、既存客の囲い込みを行うための3つの秘策を紹介します。