page top

このサイトは(株)船井総合研究所【東証1部上場(株)船井総研ホールディングス】のオートビジネスグループが運営しています。

船井総研オートビジネス経営研究会

電話番号03-6212-2931 お問い合わせ マイページ 【担当】アサノ・イノウエ【受付時間】平日9:00~17:30

コンサルタントコラム

あなたの自動車販売・車検整備・鈑金塗装・人財採用・育成・評価等の経営全般の秘訣を伝授します!
オートビジネス研究会会員は、北海道から沖縄まで約500社!選りすぐりの成功事例をコンサルタント達がルール化し、発信していきます!

  • 長谷川 弥生
    長谷川 弥生
    日々、全国の整備工場、ディーラー、中古車専業店を訪問させていただいていますが、この時期になると、ほとんどの会社様で、「今年の賞与はどうしようか?」というお話になります。
  • 井上 晴見
    井上 晴見
    本日は、「自動車販売会社における『一人当たり粗利』計算のポイント」というテーマでお伝えいたします。
    一人当たり粗利は、読んで字のごとく、
    粗利額÷人員数
    と計算します。しかし、この粗利額と人員数の範囲をどのように取るかで、計算目的や結果の見方は大きく変わってきます。
  • 藤木 晋丈
    藤木 晋丈
    新卒採用を行っている企業では、今年の採用環境もますます難しくなってきたと感じる方が多いのではないでしょうか?その原因は2つ。「ナビ採用による限界」と「インターンによる新卒採用の早期化」です。
  • 長谷川 弥生
    長谷川 弥生
    日々、全国の整備工場、ディーラー、中古車専業店を訪問させていただいていますが、どのお店も、額縁に入った「経営理念」が飾られています。
    (そもそも「経営理念の作り方」については、別の機会にお伝えしたいと思います。)
  • 井上 晴見
    井上 晴見
    本日は、「インセンティブ支給方法を工夫して社保を節減する」というテーマでお伝えいたします。社会保険料が業績の季節変動により受ける影響を軽減することができます。
  • 藤木 晋丈
    藤木 晋丈
    昨年は生産性に関する大きな転換点を迎えた年になりました。それは政府が推奨する。「働き方改革」による弊害です。
    その理由は、「残業しないで早く帰りなさい」と上司に言われる。
    大きなプロジェクトなど負荷がかかりやすい仕事にはアサインされ辛くなっている。
  • 石原 佑哉
    石原 佑哉
    今回のコンサルタントコラムは、繁忙期の組織マネジメントについてお伝えいたします。これから繁忙期を迎えるにあたり、どの様な人員体制で乗り切るかを悩む時期ではないでしょうか。この時期は特に人手が欲しいが、「募集をかけてもなかなか集まらない」「整備や洗車となるとより難しい」とお悩みの方も多いかと思います。
  • 井上 晴見
    井上 晴見
    今回のコンサルタントコラムのテーマは、「従業員満足度調査結果の見方」についてです。弊社でも従業員満足度にご興味を持つ経営者の方が増え、弊社独自の調査のツールが普及してきています。その中で、「診断結果を見るのが怖い」「他社と比較した時の結果が気になる」という声を聞くことがあります。
  • 渡邊 功一
    渡邊 功一
    軽39.8万円専門店で好調なお店は、良質な車を安く、数多くの展示車の中から選びたいというお客様のニーズに応えているお店です。色々な付加価値よりも最も重要なのはそのお店が提供する基本価値です。
  • 藤木 晋丈
    藤木 晋丈
    働き方改革という言葉を代表するように、昨今企業の労働環境の整備は経営における重要課題といえます。今回はその中でも、「産休・育休制度」に関してお伝えいたします。