page top

このサイトは(株)船井総合研究所【東証1部上場(株)船井総研ホールディングス】のオートビジネスグループが運営しています。

船井総研オートビジネス経営研究会

電話番号03-6212-2931 お問い合わせ 【担当】アサノ・イノウエ【受付時間】平日9:00~17:30

コンサルタントコラム

あなたの自動車販売・車検整備・鈑金塗装・人財採用・育成・評価等の経営全般の秘訣を伝授します!
オートビジネス研究会会員は、北海道から沖縄まで約500社!選りすぐりの成功事例をコンサルタント達がルール化し、発信していきます!

  • 佐藤 晃仁
    佐藤 晃仁
    佐藤 晃仁
    2017年2月1日 初売りを終え、満足いく結果、いかなかった結果様々だと思います。
    軽39.8万円専門店の初売りを振り返ると、来場数がキーワードでした。 つまり、来場数を確保できた店舗は昨年対比を超える。非常にシンプルです。
    今回は来場数を確保した店舗の取り組みをお伝えいたします。
  • 蓮尾 優人
    蓮尾 優人
    蓮尾優人
    2017年1月23日 2017年に入り、繁忙期を迎えている会社様も多いのではないのでしょうか。
    入庫台数が増えるにつれて最も必要なことは、生産性をあげていくことです。
    今回は、鈑金部門の生産性アップ施策をご紹介します。
    1.定物定置の徹底
    2. 工程会議の実施
    3.分業制の実施
  • 淵上 幸憲
    淵上 幸憲
    淵上 幸憲
    2017年1月18日 いつもブログをお読みいただいている皆さま。明けましておめでとうございます。
    2017年度もすでに半月が経過しておりますが、整備部門の業績はいかがでしょうか。
    特に2016年度は新規の車検台数を増やすことに苦労された会社様も多かったのではと思います。
    そこで今回は、2016年度に多くの新規車検を獲得することができた会社様の成功事例をご紹介いたします。
  • 菊池 正寛
    菊池 正寛
     菊池 正寛
    2017年1月10日 今回は「マイカーリース販売事例 ~専門店で業績アップ~」についてお伝えします。
    マイカーリース販売に特化した勉強会「オートビジネス経営研究会 軽月々払い専門店会」には全国200社以上の会社にご参加いただいています。リース販売で閑散期に月間30台以上成約するお店や、オープン3日間で10台以上成約するお店など、多くの好事例が集まるようになりました。
  • 大森 昭宏
    大森 昭宏
     大森昭宏
    2016年12月26日 2016年もあと10日を切りました。 2017年の繁忙期への対策の進捗はいかがでしょうか。 1~3月の繁忙期の実績は、会社の年間実績に大きな影響を与えます。 集客数が伸びる分、成約率がたった5%違うだけでかなりの機会損失になります。
  • 立原 崇雅
    立原 崇雅
     立原 崇雅
    2016年12月26日 来年の「初売り攻略法」は、3つのキーワードに集約されます
     ①初日(EX:元旦)の即決率  ②7日~9日もフルパワー販促  ③分業による高生産性づくり
  • 小梢 健二
    小梢 健二
     小梢 健二
    2016年12月14日 今年も満員御礼になった船総研が企画する、グレードカンパニーツアーがあります。海外の有力企業を視察するツアーです。2012年の米国西海岸ツアーに私自身も参加しました。当日の一番の気づきは、顧客獲得競争から人財獲得競争に時代が変わったということでした。グーグルなどに視察へ行き、優秀な人が働きたいと思ってもらえる職場環境にしていたのです。
  • 石川 進太郎
    石川 進太郎
    石川進太郎
    2016年11月11日 今回は「軽月々払い専門店のマイカーリース好調事例~情報誌を活用して集客アップ~」についてお伝えします。
    リース販売専門店として、地域情報誌・タブロイド誌の紙面広告を活用して集客に成功している店舗がございます。集客の成功事例のポイントを一部ご紹介いたします。
  • 淵上 幸憲
    淵上 幸憲
    淵上 幸憲
    2016年11月10日 2016年も残り2ヶ月。この時期は来年の繁忙期対策に注力している会社様は多いのではないでしょうか。 一方で、繁忙期対策の具体的な手法が分からないといった声も多数お聞きしています。 今回は、残り2ヶ月間で実施できる整備の繁忙期対策をテーマに事例を紹介させていただきます。
  • 佐藤 晃仁
    佐藤 晃仁
    佐藤 晃仁
    2016年10月120日 10月も過ぎ、年内の販売実績の見通しも立ち始めた頃ではないでしょうか。
    比較的好調だった企業様、思ったよりも業績が伸び悩んだ企業様、様々だと思います。 本日は、店舗の在庫・展示台数別取るべき戦略についてお伝えいたします。