佐藤 晃仁
佐藤 晃仁

2016年5月11日

いつもありがとうございます。
船井総合研究所オートビジネス支援部佐藤晃仁です。
只今私達の開催する勉強会でお試し参加受付中です。
詳しくは、「オートビジネス軽39.8万円研究会」についてお問い合わせ下さい。 

閑散期になると皆様の会社でも、
・「見積もりだけちょうだい。」
・「家で考えます。」
などなど、言われることが多くなっているのではないでしょうか。

閑散期と繁忙期の決定的な違いはお客様の温度感です。
つまり、閑散期になると、今来場しているお客様には今購入する理由がないのです。
そのため、お客様は見積もりだけ出してもらい、帰ってしまうことが多くなります。
繁忙期の商談は「いかに商談時間を短くする」かがテーマでした。
いわゆる、短時間商談です。
短時間商談をすることによって、営業マンの一人当たりの商談数を確保する。「量」の発想です。
一方、閑散期は「じっくりと商談して、お客様の温度感を上げる」ことがテーマです。
つまり、閑散期は、「質」の発想が重要になります。

「質」を高めるためにはやはり、基本の徹底です。
・ロープレをしているか
・車種勉強会を開催しているか
また、上記は週に1回1時間やるよりも、毎日15分間やるほうが効果的です。つまり、時間<頻度です。 

頻度を重視したロープレ・勉強会を開催し、商談のを高めること。皆様もぜひ試してみてはいかがでしょうか。

閑散期こそ、企業の自力が試されます。改めて、成約率アップを考える機会だと思います。

 >>コンサルタント 佐藤晃仁 プロフィールへ
 >>コンサルタントコラム 佐藤晃仁 一覧へ
 >>コンサルタントコラム 一覧へ

お問い合わせ

オートビジネス支援部 担当:カトウ・オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネス支援部のサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ