page top

このサイトは(株)船井総合研究所【東証1部上場(株)船井総研ホールディングス】のオートビジネスグループが運営しています。

船井総研オートビジネス経営研究会

電話番号03-6212-2931 お問い合わせ 【担当】アサノ・イノウエ【受付時間】平日9:00~17:30
情報収集 コンサルタントコラム 蓮尾優人 鈑金部門の業績アップ ~DRP増加のための7つのポイント!~
2017.11.14

蓮尾優人:鈑金部門の業績アップ ~DRP増加のための7つのポイント!~

こんにちは。船井総合研究所 オートビジネス支援部蓮尾優人です。

只今私達の開催する勉強会で無料お試し参加受付中です。

詳しくは、こちらからご覧ください。

 

交通事故の減少が続き、鈑金業界は新規客の獲得が難しくなっているのが現状です。そんな中でも新規の獲得を伸ばしている会社様は、保険会社様からの紹介入庫(DRP)を強化されています。そこで今回はDRP増加のための7つのポイントをお伝えします。

1.100%断らない

保険会社様から信頼を得るポイントは『100%断らないこと』です。どんなに忙しかったとしても、100%断らずに依頼を受けるようにし、たとえ、見積もりのみでも断らず、代車がない場合でもレンタカーを出すなどし、対応するようにすることが重要です。

 

2.出張見積もり

入庫依頼以外にも、保険会社様から出張見積もり依頼を受けることもあります。出張見積もりは、実際には入庫に繋がらないケースも多いですが、それでも出張見積もりを行い保険会社様からの信頼を失わないことが重要です。

 

3.保険会社様への定期的な訪問

保険会社様に月1回くらいの頻度で定期的に訪問を行うことも、保険会社様との関係性づくりのためには重要になります。訪問する際は、手土産などを持参し、数字報告・お互いの要望や問題点・新たな設備・代車数などを報告し、打ち合わせすると良いでしょう。

 

4.保険会社様専用の子機・携帯の設置

100%断らないためには、100%電話に出る必要があります。そのため、保険会社様からの電話を専用で受けることができる子機や携帯を持つことで、保険会社様からの電話に常にすぐ出ることが可能になり取りこぼしなく対応することができます。また、担当者が電話に出ることで、電話を引き継ぐ必要もないため、効率化にも繋がります。

 

5.途中経過の報告

DRPから入庫した車両は、途中経過をお客様や保険会社様に連絡することでより安心感が高まります。保険修理の内容・納期を決定させた上で、入庫後24時間以内に保険会社へ連絡し、特に長期間預かる車両に関しては、頻繁に途中経過を報告すると良いでしょう。

 

6.保険会社様に代車の空き状況を報告

保険会社様に自社の代車の空き状態を把握してもらうことで、保険会様社から紹介してもらえるケースもあるため、毎朝自社の代車の空き情報を保険会社様にFAXなどで共有すると良いでしょう。

 

7.保険会社様への営業

保険会社様に営業に行く際は、会社概要パンフレットなどを持参し説明まで行うと良いでしょう。パンフレット内には、①安心感 (実績、規模、設備、代車台数など)、②自社の強み (小破~大破まで全て扱っていることなど)、③保険会社へのメリット(レッカー台数が多く引き取りに困らない、工賃割引、部品割引など)が含まれていると良いでしょう。

今回は、DRP増加の取り組みをご紹介させていただきました。

ぜひ上記を実施し、新規集客を強化してください。

勉強会無料お試し参加受付中!
こんなお悩み解決いたします!

この記事をお読みいただき、鈑金アカデミーに参加したいと思った会社様は、ぜひこちらまでご連絡くださいませ。

鈑金アカデミー
お問い合わせ
【お電話のお問い合わせはコチラ】
03-6212-2931

(受付時間)9:30~17:30 定休日 / 土日祝

担当:カトウ・オオタニ

※お電話いただく際に、船井総合研究所
オートビジネス支援部のサイトを見た
とお伝えください。

【メールでのお問い合わせはコチラ】
お問い合わせ