page top

このサイトは(株)船井総合研究所【東証1部上場(株)船井総研ホールディングス】のオートビジネスグループが運営しています。

船井総研オートビジネス経営研究会

電話番号03-6212-2931 お問い合わせ 【担当】アサノ・イノウエ【受付時間】平日9:00~17:30
情報収集 コンサルタントコラム 長谷川弥生 幹部育成に必要なたった一つの仕組み
2017.09.15

長谷川弥生:幹部育成に必要なたった一つの仕組み

いつもありがとうございます。

船井総合研究所 オートビジネス支援部長谷川 弥生です。

只今私達の開催する勉強会で無料お試し参加受付中です。

詳しくは、こちらからご覧ください。

幹部育成に必要なたった一つの仕組み

 

こんにちは。

船井総研、オートビジネス支援部の長谷川です。

日々、全国の整備工場、ディーラー、中古車専業店を訪問させていただいていますが、業績が伸びている企業でよく聞かれるのが、

 

「幹部が育たない」

 

というお声。

 

業績が上がって次なる一手を打とうとしたとき、自発的に考え動ける幹部がどれだけ育っているか。これによって会社の未来が分かれるといっても過言ではないでしょう。

10人20人の組織であれば、社長のカリスマ性だけで社員を動かすことが出来ます。

しかし、30人50人100人となれば、もう社長一人の力では組織全体をくまなくケアすることは難しくなりますそこで初めて、「幹部を育てなければ!」と思い立つ経営者の皆様が多くいらっしゃいますが、今日は、そのために必要なたった一つの仕組みをお伝えしたいと思います。

1)幹部育成でぶつかる5つの壁

 

①役職者になっても部下を育てない(名ばかり幹部)

②幹部が自発的に考えない/動かない(指示待ち幹部)

③指導が曖昧で部下に伝わらない(教え下手幹部)

④部門全体の業績を上げる意識がない(他人事幹部)

⑤自社でのキャリアステップを思い描けていない(足踏み幹部)

 

全国の車屋さんで毎日どれかは耳にする、経営者の嘆き、です。

しかし、実はこの問題をまとめて解決する方法があります。

それは、幹部を山奥の寺で修行させたり、高名な講師に高額な報酬を払って研修をしてもらったりすることではありません。むしろ私は、「幹部研修」という座学的な研修に疑問を感じています。では、そのミラクルな解決方法とは・・・

 

2)答えは「評価制度」

 

前述の「5つの壁」には、実は以下のような原因があります。

①役職者に求めることが明確になっていない、人を育てることよりも実績が評価される

②どんな行動・どんな結果が評価されるのか伝わっていない

③指導方法を誰も教えた/教わったことがない

④個人インセンティブが給与の大きな比率を占めている

⑤給与テーブルがなく、キャリアステップなども用意されていない

 

これらをまとめて解決してくれる魔法のような仕組み、それこそが「評価制度」なのです。

「車屋さんに評価制度なんて必要?」とお思いの経営者様も多いかと思います。

しかし、この仕組みがあるだけで、会社組織とは歴然と変わるものなのです。現に私はその変化を日々目にしています。

 

例えは、評価制度を作ることで、評価基準が明確になります。評価基準は、社長からの社員に「こうなってほしい!」という想いを伝える、暗黙のメッセージです。

そのメッセージを基に対し、「こうすれば評価される!」「これさえすれば怒られない」と考えながら動くのが社員です。

 

そしてそれは幹部社員に対しても同じ。

 

「幹部にはこんなことを期待しています」「役職者としてこんな考え方を身につけてください」と明文化することで、何度も同じことを繰り返し伝えずに済みます。

さらに、この基準をクリアすればこんな給与になる、と、評価と給与を紐づけておけば、成長への強いインセンティブにもなります。

 

また、上長が部下を評価することで、「自分がこの社員を育てるんだ」という意識づけにもつながりますし、部下の評価が上がることが上長の評価に直結すれば、「部下に成長してもらわなければ自分が困る!」という構図が出来上がります。

 

人の育成で悩んでいる会社様は、研修や会議など、「人を育てる仕組み」の導入ではなく、「勝手に人が育つ仕組み」を導入するべきなのです!

 

3)評価制度が既にある会社は「運用」の見直しを!

 

うちにはもう評価制度あるんだけどなあ、という会社様もいらっしゃると思います。

そんな会社様は、評価項目・インセンティブの見直しを、ぜひ一度、幹部社員を交えて実施していただきたいと思います。

評価制度を導入して数年経過しているような会社様にありがちなのが、評価制度が形骸化している、ということ。

以前は社長と会長と社労士だけで作った・・・というような会社様こそ、この機会に幹部や現場社員の声を取り入れながら新しい評価制度の構築を目指していただきたいと思います!

人は、人に押し付けられたルールでは動かないけれど、自分たちで作ったルール・自分が信頼している人が作ったルールには従うものです。ぜひ、リニューアルをして、使いやすい評価制度に変えていっていただきたいと思います。

そして、評価⇒面談⇒昇給⇒評価、と運用もスムーズに回るような体制作りをしていただきたいと思います。

 

今回は、評価制度を作ると幹部が勝手に成長する!というお話を中心にお伝えしてまいりましたが、詳しい評価制度のお話がお知りになりたい方は、私の他のブログもご参照いただけますと幸いです。

 

評価制度作りたい!どうやって作るの?自社の給与テーブルを見直したい!など、何でもお気軽にお問合せ下さい!

勉強会無料お試し参加受付中!
こんなお悩み解決いたします!

只今私達の開催する勉強会で無料お試し参加受付中です。
詳しくは、こちらからご覧ください。

エリアサークル
長谷川 弥生
長谷川 弥生
プロフィールを見る
お問い合わせ
【お電話のお問い合わせはコチラ】
03-6212-2931

(受付時間)9:30~17:30 定休日 / 土日祝

担当:カトウ・オオタニ

※お電話いただく際に、船井総合研究所
オートビジネス支援部のサイトを見た
とお伝えください。

【メールでのお問い合わせはコチラ】
お問い合わせ