No.1のブランド力を維持する方法

中古車販売 整備工場 軽自動車 車検 経営コンサルタント 菊池正寛
 菊池 正寛

2014年11月10日

こんにちは。船井総合研究所 オートビジネス支援部菊池正寛です。
只今私達の開催する勉強会で無料お試し参加受付中です。
詳しくは、こちらからご覧ください。

先日、驚きのグレートカンパニー視察セミナーでアメリカにアテンドとして参加した際に、ハーバード大学の視察をしました。

ハーバード大学は、ご存知の通り、最高峰の人材を輩出する世界一の大学として認知されています。

「この世界一というブランドは、どのように作られ、さらに維持・発展しているのか?」
実際に、ハーバード大学の学生や卒業生のお話の中で出た内容を共有させていただきます。

1.ブランド作りのスタート地点は先駆者になること
ハーバード大学は1636年に創設されました。
これは、高等教育機関としてアメリカで最も古い歴史を持ちます。

このように、最も早いタイミングで成功することが、ブランド作りのスタートになるとのことです。
ビジネスの中でもよく言われている先駆者メリットは、ブランド作りに関しても言えるようです。

2.戦略的にブランド力を強固にするためにサイクルを回す
ハーバード大学には、ブランド力を強固にしていくサイクルがあります。
ブランド力を高める要素は、優秀な人材を集めることと、成果を上げることです。

以下のようなサイクルで、優秀な人材を集め、成果を上げ、ますますブランド力を強固にしています。

実際に、オバマ大統領を含め8人の米国大統領や、ビルゲイツ、マークザッカーバーグ、ヨーヨーマなど政治、経済、芸術、その他の分野で世界トップクラスの人材を集め、輩出しています。

さらにノーベル賞受賞者を150人以上出すなど、研究においても成果も上げています。
優秀な人材を集め、成果を上げることで、ますますハーバード大学はブランド力を高めているのです。

3.世界一のブランド力を維持・発展させるために「投資」をする
どのようにして、この世界一のブランドを今後維持発展させていくのか?
ハーバード大学では、優秀な才能を集めることが、ブランド力の維持発展につながると考えています。

現在の入試合格率は6%程度ですが、優秀な人材であれば、既定の定員を超えてでも、もっと入学させたいようです。

そのために現在取り組んでいることは、ずばり「投資」をすること。

新校舎や最新設備に多額の投資をし、今まで以上に優秀な人材が集まる場所にしていくとのことです。
世界一の地位になったあとも、現状に満足せず、さらに上を目指していることが分かります。

いかがでしょうか。
このように、ブランドを作り、育て、発展させる手法は、大学という教育機関であっても戦略的に行われています。自社のブランド力作りのヒントとなれば幸いです。

菊池正寛が主催する勉強会
経営トップが年収1000万払っても惜しくない
幹部社員を育成する!
経営幹部育成塾
「オートビジネス店長アカデミー」は、こちらからご覧いただけます。

 

 >>コンサルタント 菊池正寛 プロフィールへ
 >>コンサルタントコラム 菊池正寛 一覧へ
 >>コンサルタントコラム 一覧へ




お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ