師をうやまえ

中古車販売 整備工場 軽自動車 車検 経営コンサルタント 大橋文雄
 大橋 文雄

2014年10月09日

「2014年 アメリカ東海岸 驚きのグレートカンパニー視察セミナー」にて、
2010年度の全米文系学生就職人気ランキングで、グーグルやアップルを抑えて1位を獲得したTeach For Americaの講演を聞きました。

Teach For Americaの概要:

○設立 1990年
○法人格 NPO法人
○従業員数 2027名(スタッフ)
○設立目的 「全ての子どもたちが、質の高い教育を受けられる社会を創る」
○活動内容 大学を卒業してから2年間、低所得地域に小学校の先生として派遣する
○世界35カ国に展開
○300億円の寄付を集めている

投資銀行に就職した場合の給与の数分の1の給与にも関わらず、
ハーバード大学の卒業生の18%がTeach For Americaの入社試験を受け、
3万人以上が落とされる人気就職先となっている。

低所得地域の小学校で2年間教えると、
大企業の課長クラス並みに経験に相当するとともに、
教育格差を是正して社会に貢献するという理念に、
お金以上の価値を見出す学生が増えているとのこと。

一流大学を卒業した情熱的な先生から2年間指導を受けると、
低所得者地域の子どもたちは劇的に学力が向上するそうです。

実際に小学校に赴任すると、
数日で現場の興廃に打ちのめされえるそうですが
本部の支援のもとに修羅場を乗り越えることで、
先生自身も大きく成長すると言っていました。

「教師が尊敬されない国の未来はない」という言葉がありますが、
優秀で情熱的な先生と過ごす2年間だけで、子どもたちは学力が向上するだけでなく、
人間性までも変わるそうです。

吉田松陰が松下村塾で塾生たちを指導した期間は、1856年8月から1858年12月までのわずか2年数ヶ月ですが、

久坂玄瑞、吉田稔麿、入江九一、寺島忠三郎、高杉晋作、伊藤博文、山縣有朋などの明治維新の立役者となる偉大な塾生を育てました。

Teach For Americaの講演を聞いていて、
21世紀アメリカ版の松下村塾のようだと感じました。

戦前の尋常小学校の3年生の道徳教科書には、
「師をうやまえ」という話しが出てきます。

江戸時代の寺子屋では、
「3年間一人で勉強するよりも、3年間師を探せ」と教えていました。

制度やマニュアルなども重要かもしれませんが、
こと教育においては、師の存在で決まるという事実を
アメリカで再確認できました。

大橋文雄がお勧めする
「業績好調の経営者様は知っています。
経営者が本気になって採用活動に取り組まなければ3年後はないことを。
車の仕入れだけでなく、資金繰りだけでなく、人材の仕入れにも本気で取り組んでいますか?」

自動車人財アカデミーは、こちらからご覧いただけます。

 

 >>コンサルタント 大橋文雄 プロフィールへ
 >>コンサルタントコラム 大橋文雄 一覧へ
 >>コンサルタントコラム 一覧へ




お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ