車検の看板の見直し

中古車販売 整備工場 軽自動車 車検 経営コンサルタント 小梢健二
 小梢健二

2013年10月14日

さて、最近ですが店頭告知(看板)の見直しを行なっている会社さんが多いように感じます。
様々な販促をなさっていたとしても、店頭告知による集客は非常に大きいかと思います。

大きな看板であるお店はしっかりしているとお客様は感じ、信頼度が高まりますし、
チラシなどの販促物の効果を強化することができるのです。

まず、基本的な考え方です。
1.商品名 > 店名
※ドラッグストアも大きな看板には「薬」の一文字だけだと思います
2.暖色系
(赤、橙、黄色、朱色等)の色使いで目立つようにする(周辺の色とのバランスにも気をつける)
3.字は枠いっぱいまで記載する
4.字体は太くして目立つようにする。また、字体が丸みを帯びると女性向けになる
5.できる限りシンプルに文字は少なく作成
(一目みて理解できるような配慮が必要)
6.目立つようにサイズや場所、位置(高さ)にこだわる
7.数字の記載も良い(価格や量)

全国各地のくるま屋さんが行った、小額投資で反響が高かった店頭告知を3つご紹介したいと思います

1.のぼり
サイズは、縦2,700mm、横900mmの大型のぼりをオススメします。
同じ内容ののぼりを狭い間隔で何本も立てることで視認性を高めます。
イベントに応じて複数種類を持っている企業が多いです。

2.電柱看板
人口が少ない町ほど有効です。理由は、人口の少ない町ほど建物や商業施設が少ないため、電柱看板が目立ちます。地域によってコストは変わりますが、1本あたり月間1,000円程度、初期コストが1万円です。

3.テント生地の横断幕
様々な活用方法があります。最もポピュラーなのは、ポールサインに垂らすことです。最近の活用方法では、店頭にフェンスがある場合にくくりつけることや建物につけるなどがあります。

ぜひ、今一度見直してみてください。
お客様にとって分かりやすい告知になっているのか。
販促の連動した店頭になっているのか。配色は合っていて、訴求したいことが目立っているか。情報(告知)が多すぎないか。

店頭告知(看板)の効果は、非常に大きいです。

小梢健二が主催する勉強会
車検・整備で利益1億円!
車検・整備で業績を上げる!!
店長・工場長のための
「オートビジネス車検アカデミー」は、こちらからご覧いただけます。

 

 >>コンサルタント 小梢健二 プロフィールへ
 >>コンサルタントコラム 小梢健二 一覧へ
 >>コンサルタントコラム 一覧へ




お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ