車検の繁忙期対策

中古車販売 整備工場 軽自動車 車検 経営コンサルタント 小梢健二
 小梢健二

2013年11月25日

1月~3月は繁忙期を迎えます。
特に3月は1年で最も車検台数が多い月です。

会社によっては、3月と4月で車検台数が2倍くらいの差が出てしまうことがあります。
今回は、全国の販売店、車検整備店がどのような工夫をして
繁忙期対策をしているかを記載したいと思います。

1.車検を到来月の前月に入庫誘導をする
車検を車検到来月よりも前月に入庫することで、
2月に車検満了を迎えるお客様は1月に、3月に車検満了を迎えるお客様は2月に入庫します。

そうなると、車検がずれていくので3月に車検が集中されず、
繁忙期にも関わらず効率よく車検をこなすことができます。

車検前月入庫割引1000円、車検前月入庫特典オイル交換プレゼントなどで
早期に車検入庫するように誘導します。

2.営業時間を延ばす
朝30分か1時間早く営業を行うことで車検入庫枠を増やす
(土日だけ、夕方だけ営業時間を延ばすでもOK)

3.営業日を増やす
繁忙期は定休日を減らす、またはなくすことで大量に増える車検をこなします。
4月5月に休みをずらすことで、出勤日数を調整しています。

4.分業化・外注化
業務のいくつかを分業化・外注化しています。
例えば、納車に関わる整備作業を外注する。
雪国であれば、防錆作業を外注することもあります。
他にも、コーティング、回送、洗車、雪かき関連を外注、短期アルバイト、派遣、内定者にお願いすることが考えられます。

繁忙期に過去最高の車検台数を達成できれば、その年は過去最高の車検台数になることでしょう。

逆を言えば、繁忙期に体制が整わず、車検を伸ばしきれないと、
過去最高の車検台数は困難になります。

年内中に繁忙期の体制を整えておきましょう。

小梢健二が主催する勉強会
車検・整備で利益1億円!
車検・整備で業績を上げる!!
店長・工場長のための
「オートビジネス車検アカデミー」は、こちらからご覧いただけます。

 

 >>コンサルタント 小梢健二 プロフィールへ
 >>コンサルタントコラム 小梢健二 一覧へ
 >>コンサルタントコラム 一覧へ




お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ