車販後の1ヶ月点検90%超

中古車販売 整備工場 軽自動車 車検 経営コンサルタント 小梢健二
 小梢健二

2013年09月02日

車を売ったお客様が次回車検に入庫していただくために、
納車後の1ヶ月点検をオススメしています。

販売後の自社に対するロイヤリティが高いうちに、
お客様が1ヶ月点検に入庫していただければ、その後、
整備の来店頻度が高まり、次回車検につながりやすいからです。

1ヶ月点検の入庫率が90%を超えるような企業は
どのようなことを行っているのでしょうか。

1.販売車の全てに無料1ヶ月点検をつけること
販売時の売り文句にもなりますし、将来的な整備入庫利益を考えれば、
1ヶ月点検を無料することも良いと思います。

2.納車時に1ヶ月点検の日を決めてしまうこと
日取りの確定はできるだけ早いほうが良いです。
それも対面しているときにできる、成約時や納車時に日程を決めてしまうのです。
営業マンが1ヶ月点検の日程を決められるように整備の予約ルールをあらかじめ決めておくべきですし、
1ヶ月点検入庫カレンダーなどを用意してもいいでしょう。

3.納車時に、営業マンが工場を案内し、サービス部門のスタッフが一言挨拶する。
整備スタッフが一声掛けるだけでも入庫率は変わります。
名刺を渡すことも良いと思います。

4.販売後の3週間以内にメモリアルツールを送る
メモリアルツールとは、納車式の写真や1ヶ月点検のご案内(確認)のことです。

5.メモリアルツールが届いた後に営業マンが電話
営業マンの電話は「調子伺い」+「1ヶ月点検の再プッシュ」です。

6.1ヶ月点検の前日にフロントから確認電話
お客様が確実に時間に合わせて来店できるように、最終確認を行います。

いかがでしょうか。

上記のような取り組みを行えば、
売ったお客様が高確率で1ヶ月点検に来るかと思います。

小梢健二が主催する勉強会
車検・整備で利益1億円!
車検・整備で業績を上げる!!
店長・工場長のための
「オートビジネス車検アカデミー」は、こちらからご覧いただけます。

 

 >>コンサルタント 小梢健二 プロフィールへ
 >>コンサルタントコラム 小梢健二 一覧へ
 >>コンサルタントコラム 一覧へ




お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ