聞くは7割、話すは3割

中古車販売 整備工場 軽自動車 車検 経営コンサルタント 大橋文雄
 大橋 文雄

2014年07月11日

1対1で話す場合、相手が話す時間を7割にして、
自分が話す時間を3割にするということ。

聞く時間を7割にするということです。
上司(先輩)が部下(若手)と話す場合や、
営業の場合でも非常に有効です。

上司は部下よりも経験があるため、部下の話を全部聞かなくても、
「こうすればいいのに」という考えが生まれ、ついつい自分ばかりが
話してしまうことが多いものです。

営業の場合も同様で、お客様の話を真摯に聞くよりも、
買っていただきたいために、話しすぎてしまうことがあります。

クレームで興奮したお客様の話を十分に聞かずに、
お客様の話をさえぎって説明してしまうと、
お客様の怒りは一気に高まることがあります。

相手の本音や悩みを知りたい場合、
「聞くは7割、話すは3割」と意識しながら話し合いをすると、
心に余裕が生まれ、相手の話に集中することができるようになります。

状況次第では「聞くは9割、話すは1割」のこともあるでしょう。
7割以上話すことができると、話しながら考えることができるので、

自ずから解決方法に気づくことができるようになります。

“空気”を読むのは非常に難しいですが、
相手の話を真剣に聞くことで、暖かい空気の場なります。

土台なくして応用(技法)はありません。

ここぞという時に、「聞くは7割、話すは3割」を心よりお勧めいたします。

大橋文雄がお勧めする
「業績好調の経営者様は知っています。
経営者が本気になって採用活動に取り組まなければ3年後はないことを。
車の仕入れだけでなく、資金繰りだけでなく、人材の仕入れにも本気で取り組んでいますか?」

自動車人財アカデミーは、こちらからご覧いただけます。

 

 >>コンサルタント 大橋文雄 プロフィールへ
 >>コンサルタントコラム 大橋文雄 一覧へ
 >>コンサルタントコラム 一覧へ




お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ