中古車販売 整備工場 軽自動車 車検 経営コンサルタント 藤木 晋丈
藤木 晋丈

2017年4月3日(月)

本日は「新人の受け入れ体制」についてお伝えいたします。

この4月から新入社員が入社してくる企業様も少なくありません。
ただ、総務・人事、採用担当者からすると、2018年卒採用の繁忙期の中、新人の受け入れもしなければいけないので、一年の中でも最も忙しい期間を過ごされていると思います。

我々がご支援にお伺いする企業様も例外なく繁忙期の最中。そんな時にツイツイ分かってはいるけれど、どうしても抜けてしまいがちなのが、採用活動ではなく新人の受け入れ体制に関する準備・対策です。

多くの企業様が、「去年と同じで良いか・・・」という形で昨年のカリキュラムをそのまま使ったり、コンサル会社や研修会社に放り込むだけになっていたりと、いわゆる“会社としての受け入れ体制”に関しては何の準備も昨年からの進化もさせていない企業様が散見されます。

そんな企業様にはしっかり準備してください!と言いたいところですが、物理的に厳しい業務量を抱えている皆様には流石に言いづらい。

しかし、これだけは押さえておいてください。という3つのポイントだけ今日はお伝えします。

一つ目のポイントは、育成担当者の設定です。別な呼び方をするとバディ制度。
新人一人につき一人の先輩を育成担当者として配置し、二人三脚で一人前を目指します。
この設定をしないと、新人の配属された部署によって、大きく環境が異なり成長に差が出てしまいます。
早期の成長の差は早期退職につながる要因になります。

次に、二つ目のポイントは職種別に育成の星取表を作ること。
どこまで出来るようになったら一人前か?それを教習所の学科と実技と同じように星取表にまとめ、新人達に期日を決めてクリアさせていくこと。
同じモノサシの中で新卒を育てることで、競い合い育成スピードが上がったり、意欲的な新人は自主的に練習や勉強をするようになります。

最後に育成会議を行うこと。月に一度は育成担当者達を集めて育成の進捗会議を行います。
それによって、育成の進捗のバラツキや育成担当の力量による育成の進捗の大きな差が生じないようにします。

今ご紹介した3つのポイントだけでも最低限準備するようにしてください。

藤木晋丈主宰の勉強会
「広告を出しても応募がない・・」
「募集してくれたのは有難いけれど、求める人材じゃない・・」
「なんでうちにはいい人材が来ないのだろう・・」
「いったいどのような求人広告を出せばいいのだろう・・」

オートビジネス人財アカデミーは、こちらからご覧いただけます。

 >>コンサルタント 藤木晋丈 プロフィールへ
 >>コンサルタントコラム 藤木晋丈 一覧へ
 >>コンサルタントコラム 一覧へ

お問い合わせ

オートビジネス支援部 担当:カトウ・オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネス支援部のサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ