成約率アップ

中古車販売 整備工場 軽自動車 車検 経営コンサルタント 渡邊功一
 渡邊 功一

2014年05月05日

5月のGWはいかがお過ごしでしょうか?

消費税増税の影響もあり4月は思うように集客、
受注に繋がらなかったお店も多いことでしょう。

特に成約率はお店によって、
個人によってばらつきが出る結果となりました。
では、なぜばらつきが出るのか考えて見ましょう。

4月に車の購入を検討されるお客様は2つの層に分かれます。

1.増税無関係層
2.購入検討層

1つ目が増税無関係層です。
予算が高く消費税分の3%はあまりに気にされないお客様や、
総額50万円など比較的に低価格で購入しやすい価格帯のお客様は
4月でもあまり迷わず購入していかれます。

このようなお客様には、しっかり販売できているお店も多いことでしょう。

そして、2つ目が購入検討層です。
車検がまだ数ヶ月残っている。

または次回の車検を通すか、購入するかの決断がついていないお客様です。
このようなお客様へ販売できているお店、営業マンは成約率が高く
反対に販売できていないお店や営業マンは成約率が低いのです。

では、どのようにして販売するのか?
ひとつの方法としてはお得感を訴求するよりも、
購入しなかった時のデメリットをお伝えするのです。

人はメリットよりもデメリットを訴求されるほうが駆り立てられます。
例えば、100万円の車を購入する際に、
7万円の補助金がもらえるのと
3万円値上がりするのでは、どちらがお得でしょうか?
多くの方は7万円の補助がもらえるほうと思われることでしょう。

しかし、反対にどちらのほうがよく売れますか?
となると今回の消費税の駆け込みをみても
後者のほうが購買を掻き立てられるのです。

そのため、増税後の販売方法としては
ガソリン値上げによる燃費(新しい車にすることでの燃費改善)の話や
任意保険の値上げなど時事ネタを商談に入れ、
購入しないと起こるデメリットをお伝えするのです。

普段からこのような勉強ができているかどうかで、成約率は大きく変わります。
成約率の低い店舗は改めて商談トークの見直しを行ないましょう。
さらに、勉強されたい方は5月も勉強会を開催しておりますので是非、ご参加ください。

渡邊 功一がお勧めする
営業マンが
あと一台ずつ売ってくれたら・・
社長のその望みを叶えます

営業力アッププログラム
は、こちらからご覧いただけます。

 

 >>コンサルタント 渡邊功一 プロフィールへ
 >>コンサルタントコラム 渡邊功一 一覧へ
 >>コンサルタントコラム 一覧へ




お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ