中古車販売 整備工場 軽自動車 車検 経営コンサルタント 大森昭宏
大森 昭宏

2016年12月26日

2016年もあと10日を切りました。
2017年の繁忙期への対策の進捗はいかがでしょうか。

1~3月の繁忙期の実績は、会社の年間実績に大きな影響を与えます。
集客数が伸びる分、成約率がたった5%違うだけでかなりの機会損失になります。


繁忙期での成約率アップのポイントは、「売り筋商品の重ね売り」です。

そのために以下の3つのポイントを抑えましょう。

 
①売り筋商品を決める

 仕入れや在庫、そして販売状況から、集客商品、売り筋商品、収益商品を設定します

 
②売り筋商品を案内しやすい売り場を作る

 売り筋商品を決めたら、営業マンが案内しやすいような売り場作りをします

 その際、目で見て分かるような販促ツールやPOPがあると効果的です

 
③売り筋商品を案内する流れやトークを統一化させる

 前述の内容を踏まえて、実際の案内の流れやトークを営業マンに定着化させます

 その際、販売マニュアルやモデル社員のロープレ動画等があると効果的です

 
商品を設定し、現場の販促や営業の戦術を立てることが必須です。

 >>コンサルタント 大森昭宏 プロフィールへ
 >>コンサルタントコラム 大森昭宏 一覧へ
 >>コンサルタントコラム 一覧へ

お問い合わせ

オートビジネス支援部 担当:カトウ・オオタニ

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネス支援部のサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ