中古車販売 整備工場 軽自動車 車検 経営コンサルタント 松尾愛子
松尾 愛子

2015年3月5日

いつもありがとうございます。
船井総合研究所 オートビジネス支援部松尾 愛子です。
只今私達の開催する勉強会で無料お試し参加受付中です。
詳しくは、こちらからご覧ください。

皆様のお店では、スタッフの方のお昼はどうされていますか?
私たちも、日ごろお客様のお店でお打ち合わせをさせていただきながら
お昼の休憩をとられる姿を目にすることがあります。
よく目にするのが、カップラーメン、コンビニ弁当、菓子パン、甘味飲料などを食べる姿です。
皆様のお店のスタッフの方はいかがでしょうか?

また、言うまでもなく、お昼だけではなく、朝ごはんも、とても大切です。
皆様のお店のスタッフの方は朝ご飯を食べていますか?
食べているかどうか、ご存知ですか?
ただでさえ、営業マンもメカニックも体力勝負。
朝ご飯は食べて来ず、お昼ご飯はコンビニ。夜も不規則・・・
それでは体を壊してしまいます。

人は食べたもので出来ています。
繁忙期、スタッフ1人でも欠けるのはお店にとって致命的です。
日ごろから、スタッフが栄養のあるものを摂取できるように、
健康管理を気にかけた福利厚生を提供することも大事です。

今日は、スタッフ向けの食事例として、
会員企業様が取り組まれていることをいくつかご紹介します。

(1)お湯(ポット)の設置
・・・温かい食事がとりやすいように、自分たちでスープ、お味噌汁などが作れるようにします
(2)インスタントのスープ類、お味噌汁類
・・・ポットだけではなく、会社でインスタントスープを用意しているところもあります
(3)フルーツ(バナナ、みかんなど)
・・・簡単に摂取できる栄養補給として、お菓子よりは、フルーツの方が良いです
(4)パン
・・・ロールパンなどを自由に食べて良いように常備しておきます
(5)お弁当を頼む
・・・毎回、350~500円程度を徴収されているところが多いようです
(6)ご飯を炊いておく
・・・持参した食事+温かいご飯が食べられるように炊飯器でご飯を炊いておきます

これらは、朝ごはんとしても食べられるようにしておくこともオススメです。

皆様の食事を見ていて気になるのがもう一つ、
「一人で食べている」方です。
休憩時間に車の中で食事をとっているという話も時々耳にします。
(1)~(6)のようなものを会議室やバックスペースに用意していただくことで、
人の集まる場所ができます。
そこで何人かが食事をとることで、会話がうまれます。

スタッフに体調不良を理由に休まれてしまって一番困るのは会社です。
スタッフの体と心の健康バランスを保つために、
健康管理をしてあげることも会社としての役割です。

【温かい食事】【人と会話をしながら食事をとるスペース】
この2つを是非会社としては用意してあげてほしいなと思います。

最近では店舗の中に「食堂」を作られている会員企業さんもいます。
素晴らしいと思います。

食堂とまではいかなくても、できることはたくさんあります。
どんなお店でもできる簡単なことから、初めてみてはいかがでしょうか。

松尾 愛子がお勧めする
クルマ屋さんのための儲かるショールーム作り!
ユーストカーNEWS連載記事は、こちらからご覧いただけます。

 

 >>コンサルタント 松尾 愛子 プロフィールへ
 >>コンサルタントコラム 松尾 愛子 一覧へ
 >>コンサルタントコラム 一覧へ

お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:加藤

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ